【インテリア専門学校では伝えきれない】インテリアコーディネーターの独立方法


SDC

【インテリア専門学校では伝えきれない】コーディネーターの独立方法

インテリアコーディネーターの独立方法


インテリアコーディネーターは、住宅メーカーやインテリアショップ、設計事務所などを中心に活躍しています。
はじめは正社員や契約社員、アルバイトなどに就くケースが一般的ですが、いずれはフリーのインテリアコーディネーターとして独立したいと考える方も多いでしょう。
そこで今回は、インテリアコーディネーターの独立方法についてご紹介します。

独立するメリット、デメリット

インテリアコーディネーターとして独立するメリットは、多種多様な仕事にチャレンジできること、自分のカラーを存分に出せること、収入アップなどたくさんあります。
一度フリーランスとして活躍できれば、結婚や出産などを経た後でも自分のペースで仕事を続けていくことも可能でしょう。
一方、インテリアコーディネーターとして独立するデメリットとしては、すべての仕事を自ら取ってくる必要があること、資金管理を行わなければならないことなどが挙げられます。
独立する前からインテリアコーディネーターとして実績を積み、人脈を広げ、資金管理の方法を勉強するなど、準備をしっかり行っておきましょう。

まずは経験を積む

インテリアコーディネーターとしてフリーランスで働きたいと考えても、業界未経験者や経験が浅い方がいきなり独立して働くことは大変困難です。まずは経験を積み、スキルを磨いていくことが独立への第一歩。
また、働きながら人脈を作っていくことで、独立できる可能性を少しずつ広げていくことが可能です。
まずは就職し、業界の知識と経験をしっかりと積んでいきましょう。独立を目指すのであれば、何度か転職を繰り返すことも視野に入れておくと良いかもしれません。
例えば、照明メーカー、カーテンメーカー、建材メーカー、住宅メーカーといったように、インテリアコーディネーターが活躍できる就職先は多種多様です。
1つのメーカーだけで知識と経験を積むよりも、さまざまなメーカーに足を踏み入れることによって、さまざまな角度から技術を身に付けることができます。スキルや感性を研ぎ澄ませることもできるのではないでしょうか。
1つのことを深く追究することも大切ですが、複合的にインテリアの知識を持っていれば、独立した際に非常に役立ちます。

短期間で独立したいなら

転職を繰り返しながら知識や経験を積むためには、長い期間が必要です。しかし、中にはなるべく短期間で経験を積み、独立したいと考える方もいるでしょう。
そのような場合におすすめしたい就職先が、設計事務所やデザイン事務所です。特に、多くの業務を担当することができる規模の小さい事務所が最適でしょう。
一般的に、住宅メーカーなどの職場では「インテリアコーディネーターの仕事はここまで」と区切りがつけられていることが多いといわれています。そのため、他の分野の仕事や、受注から施工完了までの流れを知ることができない場合も多いでしょう。
しかし、小さな設計事務所やデザイン事務所であれば、調査・企画・営業・見積もり作成・精算に至るまでのさまざまな分野の仕事を自分で担当できる場合があります。短期間で幅広い知識を身に付けることができるでしょう。
その分、必然的に多忙になってしまうこともありますが、なるべく早く独立したいという方には適した環境だといえるのではないでしょうか。

おわりに

企業の一員として限られた仕事に携わるだけではなく、自分の名前で仕事の依頼を受けて働くことができれば、より大きなやりがいを感じられるはずです。
今後インテリアコーディネーターとして独立を考えている方は、ぜひご自身に合ったプランで、独立への道を歩んでみてはいかがでしょうか。



学校案内
東京校MAP
「池袋」駅東口より徒歩3分
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル6F
TEL : 03-5952-0452
E-Mail : tokyo@space-design.co.jp
京都校MAP
「烏丸」・「四条」駅21番出口より徒歩3分
〒604-8152
京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町650
四条烏丸スタービル8F
TEL : 075-253-1561
E-Mail : sdc-k@space-design.co.jp
大阪校MAP
「淀屋橋」駅①番出口より徒歩5分
〒530-0047 大阪市北区西天満2-8-1
大江ビルヂング203・204
TEL : 06-6365-0017
E-Mail : sdc-o@space-design.co.jp
SDC ParisMAP
ADDRESS : 13,Rue Boursault 75017 Paris France
E-Mail : an.fr@space-design.co.jp
PAGE TOP