【インテリア専門学校では伝えきれない】
インテリアデザイナーの活躍業界

インテリアデザイナーの活躍業界

インテリアデザイナーの活躍業界

インテリアやインテリアによって生み出される空間は、家に住む人や施設を利用する人の気持ちを大きく左右する大切な要素の1つです。レストランやカフェ、ホテルなどでは、インテリアや施設空間の雰囲気で利用を決めるお客様もいるほどです。
マーケティングにも重要な役割を果たす、インテリアやそれによって作られる空間。これらをデザインするのがインテリアデザイナーです。
しかし、インテリアデザイナーがどのような業界でどのように活躍しているのかまでご存知の方は少ないかもしれません。
そこで今回は、インテリアデザイナーの活躍業界についてご紹介します。

住宅から商業・公共・医療施設までデザイン

住宅から商業・公共・医療施設までデザイン

他のインテリア関連の職業と同じく、 インテリアデザイナーの代表的な活躍業界は建築事務所や建設会社、空間プロデュース会社などの住宅関連業界です。
インテリアデザイナーは製図の知識や技術、建築にも関わることがあるため、インテリアコーディネーターよりも幅広い知識が求められます。その分、一般住宅だけではなく商業施設や公共施設、オフィスビルなどの建築・内装にも関われるという特徴があります。そこで、業界の中でインテリアデザイナーがどのような建物のインテリアデザインを行うのか確認してみましょう。

一般住宅のデザイン
お客様の希望に合った住宅の提案や、モデルハウスのデザインを手掛けます。住宅は生活の場所であり、心と体を休める場所。インテリアデザイナーには、住む人が生活しやすく、リラックスできる幸せな空間を作ることが求められるでしょう。家で仕事をしている方や、お稽古事を教えている方もいますが、このような方のニーズに適切に応えることも大切です。
また、これまでは建物が古くなると新しい建物を建てるケースが一般的でしたが、最近では環境意識の高まりから、既存の建物を生かした内装(リノベーション)をするケースが増えています。 古い建物に新しい風を吹き込むインテリアデザイナーの存在は大変重要だといえるでしょう。

商業施設や公共施設のデザイン
インテリアデザイナーは、住宅の他にもショップやイベントスペースなどのインテリアデザインを手掛けます。アーティスティックで自分の感性やセンスを生かせる仕事です。 最新のスタイルやデザイン、インテリアによるマーケティング効果に興味があるという方は、毎日刺激を感じられるでしょう。
新しい商業施設がオープンする際は、建物の外観のほかにインテリアが注目されることも多々あります。インテリアデザイナーのセンスが試される仕事ともいえるでしょう。立ち寄った人々が思わず長居してしまう居心地の良い空間を作れるかが、インテリアデザイナーの腕の見せ所です。見た目だけでなく、 安心・安全・快適なインテリア空間をデザインすることも重要です。

医療施設のデザイン
具合が悪くなったときにお世話になる病院。クリニックや診療所のインテリアデザインにおいてもインテリアデザイナーが活躍しています。ここでのインテリアデザイナーのミッションは 来院される患者さんの不安を取り除き、安心させる空間を作ることです。
室内の雰囲気を変えることによって、患者さんがリラックスできる、リハビリに前向きに取り組んでもらえるなどの効果が期待できます。

自動車や航空機、船舶の内装デザイン

自動車や航空機、船舶の内装デザイン

インテリアデザイナーは、住宅関連業界以外にも、自動車業界や物流・運送関連業界、造船重機業界でも活躍しています。
自動車や航空機、船舶など、乗り物の内装デザインに携わることができ、空間を広く保つ・操作性を向上させる、利用者がくつろげる空間を演出するデザインが求められます。

おわりに

インテリアデザイナーは住宅関連業界だけではなく、乗り物に関わる業界でも内装デザインに関わるという形で活躍することができます。扱うのが建物の内装であっても乗り物の内装であっても、インテリアデザインを通じてお客様に満足してもらう点では同じです。どのような業界の会社に就職するかを決める際は、建物の内装か乗り物の内装か、自分がデザインしたいものによって決めても良いかもしれません。

関連する資格

オススメのコース

関連する職種