【インテリア専門学校では伝えきれない】
インテリアコーディネーターに役立つ資格まとめ

インテリアコーディネーターに役立つ資格まとめ

インテリアコーディネーターに役立つ資格まとめ

インテリアコーディネーターとして第一線で活躍するために、インテリアコーディネーター資格を取得しようと考えている方は多いと思います。 インテリア関連の資格は数多くありますが、自分がどのようなインテリアコーディネーターになりたいのかという方向性を考え、その方向性に合った資格を取得することが望ましいでしょう。
それでは、インテリアコーディネーターに役立つ資格は具体的にどのようなものがあるのかをご紹介します。

設計や建築に関する資格

設計や建築に関する資格

【インテリア設計士】
インテリア設計士は、インテリア関連の計画や設計、施工や施工の管理などを行う技術者です。 リフォームやリノベーションまで内包するインテリアコーディネートを行いたいと考えている場合は、インテリア設計士の資格が役に立ちます。

【建築士】
決められたスペースのインテリアコーディネートだけではなく、建物の段階から設計・コーディネートしたいと考える場合には、建築士の資格取得をおすすめします。ただし、建築士は国家資格で所定の受験資格(または実務経験)が必要なため、他の資格に比べるとハードルは高めです。しかし、ハードルが高い分、資格を取得できればお客様からの信頼獲得もしやすく、仕事の幅は大きく広がるでしょう。

空間のプランニングに関する資格

空間のプランニングに関する資格

【住空間収納プランナー】
日本収納プランナー協会が実施する、2009年に誕生した比較的新しい資格制度です。
住空間収納プランナーは、生活しやすい住まい作りを提案するプロフェッショナルで、家の間取りやライフスタイルなどを考慮しながら、動線を考えた収納や家具の配置、インテリアなどの提案を行います。
インテリアコーディネーターは、デザイン性だけを考えて住まいのコーディネートをする仕事ではありません。デザイン性と同時に、住みやすい住空間をコーディネートする仕事です。そのため、住空間収納プランナーの資格を持っていれば、住みやすさを考慮したワンランク上のコーディネートを提案、実現することができるでしょう。

【福祉住環境コーディネーター】
ご高齢の方や障がいを持った方にとって快適な住環境をコーディネートするための資格です。医療や介護など、福祉に関わる現場で活躍したい場合に役立ちます。

特定の分野に特化した資格

【ライティングコーディネーター、照明コンサルタント】
ライティングコーディネーターと照明コンサルタントは、快適な住空間を演出するための照明に関するエキスパートとして知られています。
インテリアコーディネーターとして働く場合、照明に携わることが多々あります。ライティングコーディネーターや照明コンサルタントの資格を持っていれば照明理論を元に適切な光の環境を考えることができるため、快適な住空間のプロデュースに役立つでしょう。

【窓装飾プランナー】
カーテンやブラインドを含む「窓」というワンポイントに焦点を絞り、より専門的にお客様のニーズに合わせた窓装飾を提案する資格です。インテリア業界はもちろんのこと、小売業界や百貨店業界でも活躍したい場合に役立つのではないでしょうか。

【キッチンスペシャリスト】
キッチンの設備や機器に関する知識を元に、キッチン空間をプロデュースする資格です。既存のキッチンを使いやすくコーディネートすることはもちろん、キッチンリフォームの提案にも役立つでしょう。

プラスアルファの資格

【カラーコーディネーター、色彩コーディネーター】
カラーコーディネーターは、色彩の持つ特性を生かし、商品の色彩や配色などをコーディネートする色の専門家です。商工会議所が検定試験を実施するという背景から、商工業系の分野に強いとされています。
色彩コーディネーターも色彩の持つ特性を生かすという点ではカラーコーディネーターと似ています。しかし、検定試験を実施する色彩検定協会がファッション系の団体であることから、商品開発などの商工業系よりも、ファッション関連の分野に強いといわれています。
インテリアコーディネーターとして働く際には色の組み合わせを考える場面も多々あるため、カラーコーディネーター、色彩コーディネーターの資格を取得しておくと役に立つでしょう。

おわりに

インテリアコーディネーターと一言でいっても、それぞれ得意分野や目指す方向性は異なるはずです。資格は絶対に必要というわけではありませんが、持っていれば有利に働くことは確か。自分が目指すインテリアコーディネーター像に合った資格について、少しずつ学んでみてはいかがでしょうか。

関連する資格

オススメのコース

関連する職種