学生・講師
インタビュー

ひたむき人【第8回】

松本さんインタビュー

INTERVIEW

スペースデザイン設計科
松本 能和さん
紹介文
スペースデザイン設計科  松本 能和さん

新年度がスタートして3か月。SDCにも多くの学生が新たに入学してきた。
毎回様々な人生を歩んできた学生にフォーカスを当てるこの「ひたむき人」企画、今回の松本さんもなかなか面白い経歴を持っているようだ。大学まで野球一筋で生きてきた男性が何故、デザインの世界へ足を踏み入れようと考えたのか。今回は自分の信じた夢に向かって、まっすぐ走る「ひたむき人」
SDC入学前はなにをされていたのですか?
大学卒業後に就職をしました。
飲食店に就職をしまして、1年半程そちらでお世話になりました。
何故、このご時勢に就職した先を辞めて学校に通うと決意したのですか?
小さいころから野球をやっていました、大学は日大で寮に入り野球をする日々だったのですが、大学3年生の頃に「学生コーチ」になりました。
これは実質選手としての道を諦め、引退したという事です。
そのまま、何かやりたいこともなく「何となく」決まった就職先に入社しました。
働いていて感じたのですが、自分は働く意味ってお金じゃないと感じました。むしろお金よりもやりがいのある、自分が満足できることを仕事にしたいと思いました。そうすると、今の仕事が本当にそうなのか、自分の中で疑問が生まれてしまったんです。
そうなると、夢を諦めて何も考えずに就職していたので、何かを目指さなきゃいけないと感じて仕事を辞めました。
何かを目指した先が、インテリアや建築であったのには、理由がありますか?
飲食の仕事って形に残らないんですよね。
それもあってだと思うんですが、形に残る事を仕事にしたいと思ったんです。そこからモノ作りに興味がわきました。
その中でもひと際大きな「モノ」。建築を志したいと考えるようになりました。
SDC以外にも学校は沢山ありますが、どうしてSDCに通うと決めたのですか?
学校は色々調べて東京の学校には殆ど見学に行きました。SDCの説明会に来る前は大学に行こうとも思っていたんです。自分の中で建築の仕事をするにはまず資格が必要だと思っていたので。
実際他の専門学校や大学の説明会に行っても資格を前提とした話をされました。でもSDCの説明会に来た時に校長先生から「学校に行く目的は資格を取るためじゃなく、実務で活きる勉強をするために学校に行くんだ」。と言われました。
まず資格、と考えていた自分には衝撃を受けました。それで、SDCに入学しようと決めました。
学校卒業後はどの様な仕事に就職したいですか?
学校に入る時は、飲食の仕事をしていた関係で店舗デザインの事務所に就職をしようと思っていました。
ですが、学校で住宅のデザインの勉強をしている内に、人の生活を考えて空間を構成していくことに面白みを覚えまして、いまは住宅系のデザイン事務所に就職を考えています。
卒業時はまた変わってるかもしれませんが(笑)
色々な事に挑戦して、将来に活かせるように頑張りたいと思ってます。
学校案内
東京校MAP
「池袋」駅東口より徒歩3分
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル6F
TEL : 03-5952-0452
E-Mail : tokyo@space-design.co.jp
京都校MAP
「烏丸」・「四条」駅21番出口より徒歩3分
〒604-8152
京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町650
四条烏丸スタービル8F
TEL : 075-253-1561
E-Mail : sdc-k@space-design.co.jp
大阪校MAP
「淀屋橋」駅①番出口より徒歩5分
〒530-0047 大阪市北区西天満2-8-1
大江ビルヂング203・204
TEL : 06-6365-0017
E-Mail : sdc-o@space-design.co.jp
SDC ParisMAP
ADDRESS : 13,Rue Boursault 75017 Paris France
E-Mail : an.fr@space-design.co.jp
PAGE TOP