2017.11.15インテリアコーディネート

モノトーン&エレガントな部屋作り!アールデコ調インテリアを実現するコツ


アールデコ調インテリア

ゴージャス、エレガント、ヴィンテージ、ラグジュアリーなどさまざまな魅力を併せ持つアールデコ調インテリア。アールデコはもともと、芸術の街・パリで誕生した、モダンな雰囲気とエレガントさが融合したスタイルです。現在では、建築デザインやファッションだけではなく、インテリアに取り入れられるほど人気を集めています。

そんなアールデコ調インテリアですが、カラーリングをモノトーンにすることでモダンさが増し、よりエレガントな雰囲気を醸し出すことができます。

そこで今回は、アールデコ調インテリアでモノトーン&エレガントな部屋作りをするコツをご紹介します。

アールデコ調インテリアの特徴は?

アールデコ調インテリアの特徴アールデコ調インテリアの特徴として挙げられるのは以下の3つです。

・直線的なデザインが多い

・椅子、ソファについては、曲線を効果的に取り入れたデザインが多い

・モチーフとして幾何学模様が使用されている

しかし、アールデコ調インテリアのデザインや装飾は多種多様。だからこそ、ゴージャスやヴィンテージ、エレガントなどさまざまなインテリアスタイルをアールデコ調で表現することができるのです。

アールデコ調インテリアの決め手はズバリ!幾何学模様のモチーフ

幾何学模様のモチーフアールデコ調インテリアの特徴でお伝えしたように、幾何学模様はアールデコ調スタイルを実現する決め手の1つです。しかし幾何学模様のモチーフといっても、直線や曲線、ジグザグのデザインはもちろん、三角形や四角形、円形などの図形が連続して組み合わさった模様など、実にさまざまです。このような幾何学模様を、壁紙やラグマット、クッション、ソファやテーブルの脚の部分に取り入れましょう。

中でも壁紙やラグマット、カーテンなどは、面積が広いため部屋の印象を大きく左右する大切なポイント。その部分に幾何学模様を採用することで、部屋の雰囲気を一気にアールデコ調に近づけることができるでしょう。

とはいえ、「部屋のすべての壁を幾何学模様にするのは勇気がいる」という方もいるかもしれません。そんなときは、部屋の一部の壁紙だけを貼り替えて、アクセントウォールにしてみてはいかがでしょうか?壁の一部分であれば抵抗を感じませんし、アールデコ調インテリアに初めてチャレンジする方でも、気軽に取り入れられるでしょう。

アールデコ調インテリアをモノトーン&エレガントに仕上げるコツ

モノトーンカラーに淡いカラーで差し色を

モノトーン&エレガントモノトーン&エレガントな雰囲気を作るには、部屋に気品と落ち着きを感じさせる工夫が必要です。モノトーンだけの部屋も無駄がなくすっきりした印象になりますが、エレガントさを出すために淡いラベンダーカラーやアイスブルーなどを差し色として取り入れるのもおすすめ。

アンティーク感漂うくすんだシルバーやゴールドなどの色を合わせて、インテリア小物を配置してもすてきですよ。

照明や飾り物、カーテンでよりエレガントに

部屋の照明や飾り、カーテンにより、アールデコ調インテリアにさらにエレガントさをプラスすることができます。例えば、きれいなホワイトのレースカーテンに、部屋をやわらかく照らしながらきらびやかさを醸し出すシャンデリアやスタンドランプ、壁掛けできるシルバーの飾り物やアンティーク時計などです。

インテリアのデザインや色合いをおさえてシンプルにまとめたとしても、シャンデリアを始めとしたデザイン性のある照明やアンティーク調の塗装が味わい深い壁掛けのミラー、ジュエリーボックスを部屋に配置するだけ、モノトーン&エレガントな雰囲気がさらに高まりますよ。

おわりに

今回は、モノトーン&エレガントな部屋作りを、アールデコ調インテリアで実現するコツについてご紹介しました。

アールデコ調インテリアは、絶対にこのようにしなければならない、という厳格な決まりはありません。自分が作り上げたいと考える部屋のイメージに合わせて、カラーやインテリアを選ぶようにしましょう。

とはいえ、アールデコ調インテリアにおいて幾何学模様は欠かせないポイント。今回お伝えした内容を参考に、モダンな雰囲気とエレガントさが融合したすてきなスタイルを実現してみてください。

初心者が学ぶインテリアの学校!
開校以来21年連続インテリアコンテスト受賞の実績!


スペースデザインカレッジは東京・大阪・京都に教室を持つ20歳以上の「大人のためのインテリアデザイン専門の学校」です。

卒業後の就職までも完全サポート!

インテリア業界に興味があるけど諦めていた社会人方にも多く入学いただいています。

資料請求・説明会も無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インテリアのプロになりたい人必見!スペースデザインカレッジについて詳しくはこちら
The following two tabs change content below.
インテリアアーカイブス編集局
インテリアアーカイブスを運営するインテリアコーディネーター専門の学校スペースデザインカレッジの講師陣が編集局として最新のインテリア情報をお届けします!