2019.07.01インテリアコーディネート

ブルーは部屋を広く見せる&癒しのカラー!ブルーインテリアの作り方とは


ブルーインテリア海や空をイメージする、爽やかなブルーカラー。ブルーインテリアは部屋を広く見せる効果がある上、落ち着く癒しの空間を作り出すことができます。今回は、夏の時期にもおすすめしたい、ブルーインテリアの魅力や作り方をご紹介します。

ブルーインテリアのメリット

部屋を広く見せる

ブルーは、比較的世界中で人気のある色といわれています。

また、ブルーは遠くに感じたり、引っ込んで見えたりする心理効果のある「後退色」です。この働きを利用して、インテリアの中のブルーの面積を増やすことにより、部屋を広く見せることができます。

癒しの印象を作ることができる

色は、人の感情にも影響を与えます。寒色系で彩度の低い色は気持ちを落ち着かせるといわれていて、ブルーもこれに該当します。

また、ブルーは晴れ渡った空や広大な海、水など自然のものを連想させ、清潔感、爽やかさ、開放感、静けさなどの印象を与えます。
ブルーインテリアは、部屋をリラックスできる癒しの空間にしたい方におすすめです。

ブルーインテリアと相性の良いカラーは?

ブルーとホワイトブルーを使ったカラーコーディネート例はたくさんありますが、中でも代表的なものをご紹介します。

その他、おすすめのテクニックとしては、アクセントカラーにブルー×イエロー、ブルー×オレンジ、ブルー×ライトグリーンなどのビタミンカラーを合わせること。ポップでかわいらしい印象を作ることができます。

ブルーが映えるインテリアスタイル

ブルーが映えるインテリアシンプルなインテリアは、装飾が少なく直線的な形の家具と、モノトーンのカラーコーディネートが多くなります。シンプルなイメージを崩さずに個性を出すには、アクセントカラーにブルーを使うと良いでしょう。

家具&小物にブルーを取り入れよう

家具や小物にブルーを取り入れる壁一面をブルーにしなくても、ブルーカラーの家具や小物を使うだけで、奥行きのある空間を作ることができます。
大きな面積にブルーを取り入れたい場合は、やはりソファやラグ、カーテンなどが良いでしょう。まったく同じ色でなくても、微妙に彩度や明度の違うブルーを組み合わせたり、ブルーグリーンやパープルブルーなどとミックスしてコーディネートしたりすると、面白みが増します。

またブルーのクッションや花瓶、鉢、壁掛けアートなどを選ぶのも良いでしょう。小さい面積でブルーを楽しむ場合は、彩度の高いものを選び、他の色と組み合わせて飾ると個性が出ます。
これからの季節は、夏らしく麻やジュート素材のブルーアイテムがおすすめです。

おわりに

寒色で涼しいイメージのあるブルーは、夏におすすめのカラーですが、コーディネートの幅が広いことも大変魅力です。
落ち着きのある人気色なので、リビングダイニング、ベッドルーム、バスルームなどシーンを選ばず使うことができます。
種類の違うブルーで部屋ごとにコーディネートをチェンジしてみるのも面白いでしょう。

インテリアコーディネートの知識を活かせる仕事って?

インテリアコーディネートの仕事といえば、インテリアコーディネーター。
しかしインテリアコーディネーターだけでなく、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナーなどなど・・・インテリアコーディネートの知識を活かせるお仕事はたくさんあります。

それぞれどんなお仕事なのか、チェックしてみましょう!

> インテリアコーディネーター・空間デザイナーになるには

> インテリアデザイナーになるには

> 店舗デザイナーになるには

> 家具デザイナーになるには

初心者が学ぶインテリアの学校!
開校以来22年連続インテリアコンテスト受賞の実績!


スペースデザインカレッジは東京・大阪・京都に教室を持つ20歳以上の「大人のためのインテリアデザイン専門の学校」です。

卒業後の就職までも完全サポート!

インテリア業界に興味があるけど諦めていた社会人方にも多く入学いただいています。

資料請求・説明会も無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

 

インテリアのプロになりたい人必見!スペースデザインカレッジについて詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
インテリアアーカイブス編集局
インテリアアーカイブスを運営するインテリアコーディネーター専門の学校スペースデザインカレッジの講師陣が編集局として最新のインテリア情報をお届けします!