資格合格者インタビュー

鈴木 知詩さん
鈴木 知詩さん
スペースデザイン設計科

インテリアコーディネーター試験合格

  • なぜIC資格試験を受けようと思いましたか。

    SDCのIC一次試験対策講座のお知らせを見て資格取得を考え出しました。就職活動のときに、資格を持っていることで一定の努力ができる人間だと感じてもらうため、取れる資格は取ろうと思ったんです。もちろん知識的な部分でも自分の為になりますからね。
    勉強は、入学時には資格取得を目指していなかったので、対策講座がスタートしてから始めました。

  • 一次試験の勉強方法やコツを教えてください。

    主にIC対策講座で配布された予習・復習プリントに合わせて勉強をしていました。教科書の次回講座の範囲を全体的にざっと目を通して予習問題を解き、講座内で解いた復習問題でわからないところはまた教科書でしっかり調べ、見直して理解するようにしていました。授業や課題で時間的に余裕がなく過去問題集ができなかったので、対策講座の予習・復習のみの勉強となりましたが・・・わからないところ、出題されやすい分野はどんな問題が出ても解けるくらいしっかりと復習をして理解することが大事だと思います。先生が講座内でお話していた建築の知識やお仕事の経験談なども、しっかりと耳を傾けて自分の知識にしておくことで問題を解く手がかりになります。

  • 二次試験はどのように勉強しましたか。

    二次試験も対策講座中心に勉強しました。最初は全然要領がつかめず、どんな風に解答をすればいいのかも分かりませんでした。対策講座で配られた問題を書き進めていくけれどうまく出来ず、時間もかかってしまい・・・。練習するしかなかったので、講座で教えて貰った解答例を見直して、論文の内容や図面を理解するよう復習しました。それから、試験には時間制限があるので、図面を早く書き上げられるよう手を早く動かす練習もしました。本番では、講座内で教わった描き方のポイントや気を付ける点などを間違えないように注意しながら試験を受けました。練習や復習のおかげで上手く出来たと思います。

  • 授業課題との両立

    授業課題のボリュームがあるので、両立するのは結構大変でした。それでも夏休みが明けてからは、試験日が迫るにつれ勉強時間を増やして熱を入れるようにし、空き時間には教科書を開くようにしていました。予習と復習を短時間でもしっかりとやって出題傾向をつかむ、暗記項目を書き出す、間違えたり気になった問題はしるしをしてあとで解きなおすなど、限られた時間を工夫かつ有効につかって勉強することが両立のカギになると思います。

  • 今後IC資格取得を目指す人へアドバイスをください。

    人それぞれ勉強方法は有ると思いますが、自分ひとりで教科書を読んで勉強するよりも対策講座などで誰かに教わったりお話を聞いたりする方が資格取得の近道になると思います。対策講座などを受ける人は、それをしっかりと活かして丁寧に予習・復習をして欲しいです。試験に慣れるためにはたくさんの問題を解くことが重要です。また、講座を受けると志が同じ人が周りにいるので、自分にとってかなり刺激になるというメリットがあります。資格取得の為に勉強した内容は頭に残るので、のちのちの課題制作などにも役立ちますよ。