卒業生インタビュー

藤松 大貴さん
藤松 大貴さん
インテリアデザイン設計科
  • 入学前は何をしていましたか?

    地元の静岡にあるIT関係の会社で5年ほど働いていました。
    プリンターや彫刻機などを作る工場での現場管理が主な仕事でした。
    ものづくりの分野ではありましたが、自分自身が作る側ではなかったことや、お客さんがどのように使っているかなどを把握できなかったことから仕事の達成感を感じることができませんでした。
    そのため、以前から興味のあった建築で「自分が考えたものを作って残す」ということをやってみたいと思いました。
    SDCは20歳以上の人が入学するので、来ている人たちも真剣だろうし、社会人も多くいるということで入学を決めました。

  • SDCを卒業してからの経歴を教えてください。

    卒業してから現在まで、社寺建築の設計、施工を主な仕事とする設計事務所に勤めています。社寺建築が珍しくて面白そうだと思ったことや、現場が自分自身の地元である静岡が多いということで興味を持ちました。
    ハローワークで見つけて、ダメ元で受けてみたのですが、社長がいつでも来ていいと言ってくださったのでアルバイトから始めました。

  • 現在、担当しているお仕事はどのような内容ですか?

    お寺の本堂や庫裡(くり)、宮殿・書院や山門など、お寺の敷地内にある建物全般の設計図書の作成や役所への確認申請などを主にやっています。
    現場管理は社長が担当していますが、現場へ行って職人さんとコミュニケーションを取り図面に反映するようにしています。

  • 現在までに印象に残っているお仕事はありますか?

    入社して1年ほど過ぎた時期に担当した本堂の設計です。まだ社寺建築についても全くわからなかったので、矩形図の作成が本当に大変で徹夜しながら描きました。
    とても難しく大変な仕事内容で責任も大きかったのですが、その後の大きな力になったと思っています。

  • どんな時にやりがいを感じますか?

    「考えていたものが形になりモノとしてでき上がる」という時ですね。そこに楽しみがあると感じています。
    ただ、まだ自信を持っているわけではないので、さらなるやりがいが見つかるのはこれからだと思っています。今は実務経験を積み、勉強して知識をつけながら修行中です。

  • 今後の目標はなんですか?

    やりたいことはたくさんありますが、幅広く設計の仕事をできるように目標は決めないようにしています。今は、将来独立して一貫して全部の作業に携われるような仕事ができればと思います。