インテリア専門の学校|スペースデザインカレッジ

call
call

スペースデザイン設計科

2年間 昼間/平日週5日

「知識」を深め、「多く」実践する

建築70%・インテリア30%のバランスで、建築設計を主としたインテリアデザインにも対応可能な万能デザイナーを目指します。
戸建て住宅、店舗、パブリックスペースなどの設計から
インテリアコーディネートまでバランスの良い技術を修得。(週3または週5日)
数学や物理ができなくても建築設計の仕事はできますので、安心して学んでください。

OUTLINE コースの概要

様々な分野を勉強することで
就職の選択肢が広がります

2年制のスペースデザイン科は建築設計、インテリアデザイン、インテリアコーディネーションの総合技術を学びます。
内容は多岐に渡りますので、就職先は「建築設計事務所」「ハウジングメーカー」「店舗デザイン事務所」「インテリアコーディネート事務所」「リフォーム会社」「大手ゼネコン」等々、選択肢が広がります。
そして企業での実務経験を経た後、独立をして活躍している卒業生も多くいます。

高い位置で仕事をするために、インテリアと建築、両方の専門知識、専門技術をバランスよく学んでいくのがスペースデザインカレッジの特徴です。
カリキュラムは様々な実務に対応できる人材を目指し、十分練られたものです。
実践的に、より高いクオリティで課題をこなしていきます。
その結果、就職を有利に進めたり、希望する企業への入社に繋がっています。

対象者
インテリアデザイン設計科やインテリアコーディネーター科と同様、未経験者が対象です。
例外として建築専門学校、大学(建築学科)での勉強をされていた方、実務経験のある方がスペースデザイン設計科2年次への編入も可能です。お気軽にご相談ください。

POINT コースのポイント

LEARNING 学べること

コース詳細

VOICE 学生・講師インタビュー

interview

スペースデザイン設計科
峰 慶行さん(茨城県出身)

お陰様で茨城にあるハウスメーカーから内定をもらうことができました。
都内での就職も考えましたが、住み慣れた地元で働くのも悪くないな、と考えいろいろと企業をあたってみました。

内定をもらったハウスメーカーは地元密着型で、新築からリフォームまでお客様のライフスタイルや要望に沿った自由設計に対応しています。お客様と共に家づくりに取り組む会社の理念に共感しています。
私が所属する部署は設計部です。お客様から要望を聞き取り、プランニング、提案、実施設計まで行っています。初めは先輩のサポートからですが、早く仕事を覚えて一人前になりたいです。

就活の間、学校の課題をうまく進めることができませんでしたが、これから先は卒業課題を含め、残りの課題に専念できる環境になりました。
有終の美を飾れるよう、精一杯取り組んでいきたいです。

INFO 学費詳細・募集要項

授業時間
東京校、京都校
2年(4月入学)
月〜金
9:00-12:10

大阪校
2年(4月入学)
週3日(火・木・金)
9:30-16:50×2日/9:30-14:40×1日=週3日
応募資格
20歳以上の方
学歴不問
本気でインテリア、建築デザインの分野で仕事をしていきたいという意欲を持ち、真剣に学ぶ意思がある方
※外国籍の方は就労ビザ等をお持ちの方に限ります。当校では学生ビザは発行致しかねます。
選考方法
面接にて審査
学費

入学金

50,000円

授業料

900,000円

合計

950,000円

消費税は含まれておりません
教育ローンについて
月々6400円から無理なく返済できる国の教育ローン(15年返済として)
金利は1.760%。※2018.1.18現在
在学中は利息のみの返済が可能(元金据置)
返済期間は15年まで可能。※母子・父子家庭は18年

<返済例>

100万円を10年払い ※元金据置無し
  ●●● 毎月わずか 9,200円 ●●●
利息を含めた返済金額は1,090,600円
10年間の利息は90,600円(755円/月)

教材費・その他

教材費

110,000円前後

傷害保険

15,000円前後

施設維持費

55,000円

消費税は含まれておりません
編入制度について
他のインテリア専門学校、大学の建築学部等で学ばれた方、実務経験をお持ちの方は、スペースデザイン設計科2年次、又はインテリアコーディネーター研究科へ編入することができます。
個別で相談会を行いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
転籍制度について

東京校・大阪校・京都校のスペースデザイン設計科1年次を修了された方は別校舎のスペースデザイン設計科2年次に転籍が可能です。

MENU
call