インテリアの仕事

前回のトピックでインテリアと建築の仕事において、どちらの知識も必要であるという事が分かっていただけたと思います。

今回は、実際にインテリアの仕事とはどの様なことをするのかと言うお話をしたいと思います。

〇インテリアコーディネーター、デザイナーの仕事とは
インテリアの仕事は建物の内部空間をデザインすることが大前提の仕事です。

建築と大きく違うのは、仕事の分野が多岐にわたっている事。
壁紙・照明器具を選んだり、家具を選んだりするのもインテリアの仕事ですし。
建築的な印象を受けるかもしれませんが、内部のプラン(部屋割りやダイニング等々各部屋の場所)を最初から考えるのも仕事としてあります。

他にもインテリアの仕事と言うくくりであれば、ショールームなどでお客さんに自社のインテリアを勧めたり検討するのもインテリアの仕事です。

今回はリフォームを考えているお客さんにインテリアをコーディネートする仕事の流れをご説明します。

1.クライアント
今回はお客さんからいまある建物のリフォームを頼まれました。
まずは、お客さんが今どのようなことを望んでいるのか、またその方の家族構成などお客さんの事をしっかりとヒアリングします。

2.プランニング
次に、部屋の図面を見て現状よりも生活を良くする為のプランを考えます。
壁や柱を外して、部屋の形状を変化させる等。このとき建築の構造として建物が倒れたりしないかを判断できなければ、仕事は先に進みません。
プランが出来れば、 次は壁紙、床の素材または、そこに置く家具や設備などインテリアエレメントを考えていきます。お客さんの趣味や予算を考慮してプランをしていきます。
この際に、図面を書いたりパースと呼ばれる「絵」を作りビジュアル的に説明できる物も作っていきます。

3.プレゼンテーション
考えがまとまり大まかな内容が固まれば、お客さんに説明する番です。
お客さんに納得して貰えなければ、どんなにすばらしいデザインも意味がありません。その為にプレゼンテーションを行います。
ただ、基本的にお客さんは素人です。口頭でどんなにデザインの説明をしてもさっぱり分からないでしょう。
それをより的確に説明するための道具が、空間のスケッチやパースと呼ばれる「絵」や図面での説明です。
これらを使いお客さんに納得して貰えれば、ここから思い描いたデザインの着工が始まります。

4.内装工事開始
※実際の工事はとても多くの会社や職人さんが関わり、ここでの説明が困難なため、省略して説明させていただきます。

さて、お客さんの承諾も貰い晴れてあなたのデザインを作っていくことになりました。
勿論ここからは自分でリフォーム作業をするわけにはいきませんので、大工さんや設備工事会社など多くの人たちと仕事をしていきます。
ここであなたがする仕事は主に管理です。工事のスケジュールや現場で図面通りに作業が進んでいるか。そう言ったことを管理していきます。

5.内装工事終了
様々な出来事を処理し、建物が完成しました。
後はお客さんに引き渡して終了。。。。ではありません!
自分が作った建物は最後まで面倒を見ていくのも、設計者の大事な務めですので、しっかりとその後もお付き合いをしていきましょう。

このようにとても省略してですが、インテリアの仕事の流れをお話しさせていただきました。

次のトピックでは職種?肩書き?様々な呼び名について学びましょう。
(建築の仕事内容をご覧になられていない場合は、そちらもどうぞ!)

>>職種?肩書?様々な呼び名<<

>>建築の仕事<<

■カテゴリー一覧
資料請求