.

インテリア専門の学校|スペースデザインカレッジ

MENU

株式会社湖都コーポレーション 代表取締役の原田潤一さん

INTAVIEW

「滋賀の「住」文化をリードする」というビジョンを掲げる工務店、湖都コーポレーションの社長、原田氏に会うのは久しぶりでしたが、軽快なおしゃべりは、全く変わらず安心しました。こちらの企業様は、今まさに急成長中。今年度、3つ目のショールームを新設し、飛ぶ鳥を落とす勢いでお仕事をされています。「こんなお家を建てたい!」というお客様の夢を実現するため、常にお客様と向き合い考える姿勢は、家づくりのプロセスそのものを大切にしているからこそ。一生のお買い物をこの会社に委ねたいと思わせる素敵な会社様です。

PROFILE

原田潤一株式会社湖都コーポレーション代表(2005年設立)

フルオーダーの家を選ばれるお客様へ、それをカタチにする大切な機会に関わらせていただくことに、心から感謝を込めて取り組んでいる。野須本社ショールーム他、彦根にもアウトドア感あふれる空間ショールームを設立。
趣味は旅行、愛犬と戯れること。

Q.スペースデザインカレッジに通う学生の特徴は何ですか?
A.真面目です!現在、スペースデザインカレッジの卒業生が複数名働いてくれています。社会に出て即戦力となる勉強をしてきてくれた彼らは、今現在それぞれの役割をしっかり担ってくれています。一度、社会人を経験している彼らなので、自分で考える力も備えているのが特徴だと思います。取り組む姿勢も熱く、会社の方針についてきてくれるのは嬉しい限りです。
Q.どんな学生を雇用したいと思いますか?
A.勉強ができる、学校の成績が優秀ということよりも、今ある状況をよく理解し、どうすればいいかを考えられる人がいいですね。特にチームワークを重視していますので、コミュニケーション能力も重要だと思います。採用前にいろいろと書類や作品を見たり、面接をしたりしますが、正直さ・素直さもポイントとして見ています。
Q.デザイナーとして、必要な事は?
A.社内にはデザインに携わる人がたくさん居ますが、彼らのことを見ていると、忙しいながらも愉しんで仕事に臨んでくれている様子が伺えます。住宅は一生のお買い物になるわけですから、お客様の気持ちになって要望を具現化するために、今の流行と、基本的な知識を身に付けることが大切だと思います。そして、要望だけに応えるだけでなく、プロとしてのアイデアをお客様に提案してこそ、僕らの存在する意味が出てくると思います。センスは知識です。社会人になってからの実践をたくさん積んで、一緒に成長できればと思っています。

インタビュー一覧に戻る

TOPに戻る

MENU
call