インテリア専門の学校|スペースデザインカレッジ

MENU

スペースデザイン設計科卒業生
藤井 真二さん

INTAVIEW

卒業生のインタビューです。

Q. 現在の仕事に就いた経緯と仕事の内容について教えてください。
A. 卒業後に神戸の設計事務所へ入社し、即戦力として数物件を担当しました。
実務をこなすにつれ、尊敬できるデザイナーのもとで働きたいと思い退社後、現在の会社に入社しました。
会社としては大阪、東京、上海、北京、韓国における商空間のプロデュース・設計、またビル、住宅等建築の設計を行っており、デザイナーとして物件を持ちプランニングをしています。
Q. SDCで学んだことで印象に残っていることや仕事で役立っている事を教えてください。
A. 学生時代に身につけたプレゼン力は、ライバルの多いこの業界で仕事をつかむのに役に立っています。
「デザインしたプランをどのように、施主の心に響かせるのか」が重要で、クラス内発表や合評会では、紙面構成、話術、身だしなみなど、仕事の基本になることをしっかりと身につけることができました。
Q. 将来の夢を教えてください。
A. 将来の夢は、インテリア・建築業界における間違った「当たり前」を払拭し、新しい「当たり前」を築き上げることです。
また、独立していけば定年は無い業界なので、死ぬまでデザインし続けること。

インタビュー一覧に戻る

TOPに戻る

MENU
call