インテリア専門の学校|スペースデザインカレッジ

MENU

インテリアデザイン設計科卒業生
佐藤 麻紀さん
デザイン事務所「スコップ」主宰

INTAVIEW

卒業生のインタビューです。

スペースデザインカレッジ入学前は旅行会社の営業を4年。
転職を考え好きな道に進もうと一歩踏み出した佐藤さん。
卒業後に入った会社で力を付け、独立を進められ入社3年後に独立を果たす。
Q. 現在の仕事について教えてください。
A. 住宅、店舗のインテリアデザインと施工管理を行っています。
リノベーション(リフォーム)中心です。 限られた予算の中で良いデザインをしていくことがとても難しく感じています。
けれども制約がある中から工夫が生まれ、かえって良いデザインが出来たりします。 自分の案が通り、お客様が喜んでくれたときは本当に嬉しいです。

自分が携わったいくつかの物件が雑誌に掲載されたこともあります。 安い予算でも良い空間が出来るということで、雑誌の反響から新たな仕事をいくつか受注することも出来ました。

忙しい時は4つの物件を同時に抱えることもあり、大変ですがやり甲斐も大きいです。

リノベーションの現場では壊してみて初めてわかる事もあり、予測していなかった様々な問題が発生しまが、それをクリアすることで自分が成長していることを実感できます。
失敗もありますけど・・・。毎日が勉強です。
Q. 今後どのような仕事をしていきたいと思いますか?
A. 空間を通じて、普段当たり前と思われているこのと視点をかえることで、ちょっとした特別感だったり、 ちょっとした非日常を楽しめるデザインをしていきたいです。
Q. これからインテリア・建築業界へ飛び込もうとしている人への励ましをお願いします。
A. 自分が興味ある分野だけでなく、幅広い視野で物事に取り組んでみると色々な繋がりが出来、違った視点から物事を見られるようになります。
何事も臆せず、勇気を持ってチャレンジしてください。
チャレンジした分大変になるけど、乗り越えて行けば必ず自分の力や経験になります。
いきなり何でもできる人なんて居ないから、一個一個クリアしていけば自分の道が開けると思います。

インタビュー一覧に戻る

TOPに戻る

MENU
call