インテリア専門の学校|スペースデザインカレッジ

call
call

インテリアデザイン設計科
卒業生
板垣 冴英子 さん

INTAVIEW

卒業生のインタビューです。

インタビューに答えてくれたのは5年前にSDCを卒業し、現在リビングスタイリストとして活躍する板垣冴英子さん。
高校卒業後にフリーターとして生活していたが、彼女が何故インテリアの道を選んだのか。また、何故SDCであったのかを聞いてみた。
Q.SDC入学前はなにをされていたのですか?
A. 高校を出てフリーターをしていましたが、大学に進学した同級生が大学4年になったころ自分も改めて将来のことを考えました。
一生働ける仕事に就きたい、手に職を付けたいと思い今まで一度も選択肢にあがらなかった父の仕事である建築関係に興味湧き、これだと思いました。
未経験でも一から学べるSDCに入学をしました。
Q.現在の仕事について教えてください。
A. 「クラスティーナインターファニチャー」レイクタウン越谷店にてインテリアコーディネーターとして勤務しています。
担当制で店頭での相談から納品まで一人でこなします。専門知識だけでなく、お客様の本音を引き出し契約につなげる営業力も問われる仕事です。
まだまだ大変な事ももちろんありますが、入社当時より慣れてきて自分を指名して下さる常連のお客様が増え、仕事が楽しくてしょうがないです。
今では空間スタイリストとして店内のレイアウトも任されており、「この組み合わせをそのまま購入したい」と言われることもやりがいのひとつです。
Q.今後どのように仕事をしていきたいと思いますか?
A. 夢はホテルの内装を手掛けることです。
お客様を日常から非日常の異空間に連れ出し、思いっきり解放できる空間を創りたいです。
Q.これからインテリア・建築業界へ飛び込もうとしている人への励ましをお願いします。
A. 「インテリア関係」の職種って、色々な仕事があると思います。
私が実際そうですが、学生時代にイメージしていた仕事は今の仕事とは全然違いますし、営業って全く知識もスキルも持っていませんでした。
でも、SDCで学んだことが自信になり自分の強みとして仕事に活かすことが出来ています。
たくさん吸収して、自信を持って飛び込んでください。

インタビュー一覧に戻る

TOPに戻る

MENU
call