インテリア専門の学校|スペースデザインカレッジ

call
call

インテリアデザイン設計科
卒業生
飯泉 洋紀 さん

INTAVIEW

卒業生のインタビューです。

4年前に当校を卒業し、住宅設計のお仕事をされている飯泉洋紀さんに色々伺ってみました。
Q.SDC入学前はなにをされていたのですか?
A. 入学前は大学で空間デザインを専攻し、美術や空間に関することを幅広く学んでいました。
大学在学中に店舗デザインの事務所でアルバイトをした際に、想像していた「空間デザイン」とギャップを感じ、より勉強したいと思いSDCに入学しました。
飯泉さん写真
Q.今の会社に入社するまでの経緯を教えてください。
A. 先輩に今の事務所を紹介していただき、SDCの入学とほぼ同時にオープンデスクで通っていました。
当初は、漠然と空間デザインに関わる仕事をしたいと思っていましたが、オープンデスクで通っているうちに、自然と住宅設計の魅力を知りました。
卒業前に社長から声をかけていただき、そのまま入社させていただくことになりました。
Q.現在どのようなお仕事をしていますか?
A. 個人邸の設計、監理です。プレゼンから引き渡しまで一貫してやっています。
都内での依頼が多いため、狭小住宅の案件が多いです。
Q.今までで一番印象に残ってるお仕事は?
A. 入社して3棟目に担当した「K-nest」という住宅です。
少しずつ設計の仕事に慣れてきた頃で、構造や法規を乗り越える難しさに直面し、一つずつ解決していく面白さを知った物件でした。
外から見える建築の形が中にも生きてくることで、空間がより豊かになるのだと学び、住宅の設計をやりたいと再確認できた仕事でした。
Q.お仕事をされる中で、やりがいを感じる瞬間はありますか?
A. お客様の喜ぶ顔を見られたときです。常に、どうしたらお客様にとって良い空間になるのか検討しています。
見積調整など頭をかかえる瞬間もありますが、お引越後に「すごく快適で設計をお願いしてよかった」などご連絡をいただくと、この仕事はやめられませんよね。
Q.今後の目標はありますか?
A. もっと色々な設計ができるようになりたいです。
会社も仕事が増えてきて新しいことにも挑戦しているので、より会社が大きくなるように協力したいです。

インタビュー一覧に戻る

TOPに戻る

MENU
call