インテリア専門の学校|スペースデザインカレッジ

call
call

インテリアコーディネーター科
山田 平さん

INTAVIEW

在校生のインタビューです。

Q. なぜ、再度学校で学ぼうと思いましたか?
A. 大学4年生になる手前の頃でした。その頃まで将来についてあまり考えていなく、ただ好きな事をやりたいとだけ思ってました。
しかし就職活動を目の前にし、真剣に先の事に向き合いました。いろいろなケースを想像して悩みました。
でもやはり好きな事を職にしたいんだって確信して、家具やインテリア関係に進むことを決めました。
そこで今後幅広く働く為、少しでも基礎をつけたくて再度学校に入ろう思い、スペースデザインカレッジに出会いました。
Q. インテリアの勉強を始めて、東京・京都・大阪で学ぶメリットはどんな点だと感じていますか?
A. 出身が北海道で、東京が近いのですが、僕は迷わず京都と決めてました。
「なんで?」とよく言われますが、単純に京都という場所に憧れや興味がありました。
日本の文化が詰まっている場所での新生活を考えると、すべてがワクワクでした。今でもワクワクは消えてません。
むしろ増えてるような気がします。京都に対しては悪いイメージがなかったのも理由の1つのような気がします。
Q. 目指す職業を教えてください。目標にするデザイナーや人物がいれば教えてください。
A. インテリアデザイナーになりたいです。ただ住宅や店舗に限らず、環境を考えた屋外のデザインなどもできるようになるのが目標です。
あと自分は元々家具や食器、文具など『物』が好きなのがインテリアに興味を持つきっかけなので、人が使う『物』のデザインもしたいです。
目標というか好きなデザイナーは、ナガオカケンメイさんです。昔に出来た良い物をずっと使おうという『ロングライフデザイン』という考え方にすごく共感します。

インタビュー一覧に戻る

TOPに戻る

MENU
call