インテリアコーディネーター資格試験インテリアコーディネーター資格の概要インテリアコーディネーターの資格は公益社団法人インテリア産業協会が主催している資格試験の名称です。
インテリアコーディネーターは、住む人にとって快適な住空間を作るために適切な提案・助言を行なうプロフェッショナルです。インテリア(家具、ファブリックス、照明器具、住宅設備等)に関する幅広い商品知識を持ち、インテリア計画や商品選択のアドバイスなどを行ないます。
受験する為のインテリア経験などは必要ありません。 試験は1次と2次で構成されます。

■試験内容
1次試験は「技術編」・「販売編」の2種類に分かれており、学科試験になります。
2次試験は「プレゼンテーション」で図面の作成・インテリア計画・空間パース・論文等々(※年度により出題内容が変わります)の実技試験になります。

■勉強時間
合格までの平均勉強時間は1次・2次併せて200~300時間と言われています。狭き門の合格。とまでは言えませんが片手間での勉強で受かるほど楽な試験でもありません。

■合格率
合格率は年度によりかなり変動が起こりますが、1次で20~30%・2次で50~60%と発表されています。 インテリアコーディネーター試験の勉強方法資格試験に合格しインテリアコーディネーターになるためには、どのような勉強方法が望ましいでしょうか。

他の資格試験とも同様ですが、学科は過去問題を解く事が効率的でしょう。ですが勉強経験・仕事経験が全く無い方がいきなりインテリアの勉強をすることはなかなか大変です。
当たり前の様に使われる言葉が何のことか分からない事も多いでしょう。独学で受かる事は出来ますが、勉強されている方より相対的な時間はかかります。
特に実技は独学の方が挫折されるポイントで、実際に図面を描いたり読んだり出来なければそもそも手を付ける事が出来ないでしょう。
資格取得をするための受験予備校に通う方法もあります。ですが費用が高いのが難点で、安く済ませる通信教育もありますが、こちらは一辺倒で質問する相手が居ないのが難点でしょう。

どちらにしても、この資格のみを持っていてもプロとして活躍する事は難しいです。資格試験の範疇のみでは、実務で必要な技能を全て満たすことは難しいからです。 また、就職活動をするうえでデザイン業界はポートフォリオと言うものが必要になります。
簡単に言うと作品集ですが、これがあって初めて自分がどの様な能力を持っているか、どの様なセンス・感覚を持っているかを提示できるので、最終的にはそれらを作る為に専門学校や大学などで勉強をしているともいえます。

まとめとして、最も理想的な勉強方法は、デザインを学校で学ぶ中で知識を蓄え並行して試験勉強をすることで、技術と知識の両方を得るというやり方が、一番の近道になるでしょう。

資料請求