インテリアデコレーター資格試験インテリアデコレーター資格の概要インテリアデコレーターの資格は一般社団法人インテリアデコーレション協会が主催している資格の名称です。
この資格は2級と1級・EXの3種類に分かれておりインテリアのデコレーション(コーディネーション)業務に特化したデザイナーとしての資質を表す為の資格として存在しています。資格の概要は下記になります。

インテリアデコレーターは、壁紙や床材などの内装材をはじめ、扉の色やデザイン、家具、カーテン、カーペットなどの基本的なインテリアエレメントの選定から、ウォールデコレーションであるアート、インテリア・アクセサリーなどの小物や調度品、さらにテーブルコーディネートまでを総合的に飾り付けながら空間の構成・演出を行う、インテリアの専門家を指し、欧米では古くから一般に定着しているインテリアの専門職です。

これまでのインテリア関連の専門資格とは異なり、「美しい色の組み合わせ」や「素材と色の調和」、そして「飾る技術」など、空間演出に必要な直接的で実践的な知識を身につけたレベルの高い、インテリアのスペシャリストを養成・認定することが目的です。

■試験内容
2級はインテリアのデコレーションに必要な知識や色彩の組み合わせなどの基礎的な知識が求められる試験になっています。1級はより具体的に実務をこなす上での能力を見る試験になっています。

■勉強時間
情報が少ない為一概には言えませんが、2級は50時間程度。1級では150時間程度と考えられます。 合格への勉強時間はその辺りが目安になると思います。

■合格率
合格率は2級で50%程度、1級で20%程度と考えられます。インテリアデコレーター試験の勉強方法試験に合格しインテリアデコレーターになるためには、どのような勉強方法が望ましいでしょうか。
2級はインテリアデコーレションの入門となる試験なので、インテリアが好き!と言う方も特別な技術など無くとも楽しんで学ぶことができると思います。
1級となると独学では難しい試験となるでしょう。コーディネーションする上でも図面の読み描きが出来なければなりませんし、空間のプランニング・導線計画・照明計画…等々かなり実務的な技術が必要となります。

様々なインテリア関連の資格はおおよそ同じ様な構成ですが、基本的に資格を仕事として成立させる為には専門学校などでの勉強が必要になると考えられます。

資料請求