福祉住環境コーディネーター資格試験福祉住環境コーディネーター資格の概要福祉住環境コーディネーターの資格は東京商工会議所が主催している資格の名称です。
この資格は1級・2級・3級と3種類の資格に分かれており福祉関係を仕事とする人々が受験をする為、裾野の広い資格試験となっています。

■試験内容
取得する資格により内容が変わってきますが、高齢者や障害者にとって安全で快適な生活を送れるようにするためのコーディネート知識を求められます。

■勉強時間
平均勉強時間は、3級で50~80時間。2級で80~120時間。1級は300時間以上と言われています。

■合格率
合格率は2級・3級が50%前後・1級は難易度が上がり5%前後です。福祉住環境コーディネーター試験の勉強方法資格試験に合格し福祉住環境コーディネーターになるためには、どのような勉強方法が望ましいでしょうか。
3級はこの試験の入門的な部類に入るでしょう。2級はそれなりに福祉や住環境の知識を実務として活かす為の幅広い知識が求められます。1級は福祉環境を考慮したプランニング提案を求められます。
合格率がガクッと下がる理由は、2級・3級がテキストをきちんと理解している事を求められるのに対して、1級はそれが当たり前として応用力を求める様な問題構成になっているからです。
この資格は元々、ホームヘルパーや介護福祉士などの方が多く受けられている資格でしたが、高齢化社会で高齢者に対しての空間デザインが多くなってきた昨今は、インテリア・建築からの受験者も多くなっています。
将来的に福祉施設のデザインなどを職業に考えている方には、有利に働く資格だといえるでしょう。

資料請求