照明コンサルタント資格試験

照明コンサルタント資格試験の概要

照明コンサルタントの資格は一般社団法人照明学会が主催している資格の名称です。
この資格は通信講座を基本として、定められた講習を受けた後試験を行い合格点に達する事で資格を得ることが出来ます。
資格の概要は下記になります。
快適な生活を送るために照明が注目される時代になりました。照明(あかり)で環境をかえる演出するなど、あかりは人間の暮らしや気持ちを豊かにしてくれます。あかりを学ぶことで住宅はもちろん、店舗や事務所といった日常生活に役立つ、照明計画・照明コンサルティングなどの能力を通信教育で指導します。この講座は照明に興味のある方なら、どなたでも受講できます。カリキュラムに定めた科目が合格点に達すれば、修了したことを証明する「照明コンサルタント」の称号が与えられます。

講習日程 毎年夏頃開校
講習科目 照明の基礎知識、光源、照明器具、照明計算、照明設計、住宅照明、店舗照明、オフィス照明、工場照明、屋外照明、スポーツ照明、非常用照明、照明器具の取り付けと配線設備、照明の保守と経済、高齢者のための照明、照明と省エネルギーなど
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません
試験会場 全国9か所
共通項目
受験料 20,000円~30,000円前後(受講内容により変動)
申請期間 4月初旬~6月初旬まで ※詳細は一般社団法人照明学会へお問い合わせください

試験内容

照明に関する幅広い知識が求められます。基礎的な知識から始まり、各分野住宅・店舗・高齢者などの専門的な内容に分かれて勉強していきます。

勉強時間(難易度)

平均勉強時間は単純な通信講座の勉強量になりますので、難しいところですが数十時間で大丈夫でしょう。

合格率

合格率は80%程度できちんと勉強すれば合格は問題ないでしょう。

照明コンサルタント資格の勉強方法

試験に合格し照明コンサルタントになるためには、どのような勉強方法が望ましいでしょうか。
基本的には申し込み後にテキストが送られてきます。全く初めての勉強する場合でも分かりやすく書いてありますので、それに沿って照明の勉強をされれば良いでしょう。テキストを終え試験に合格すれば晴れて照明コンサルタントの資格を得ることが出来ます。
ですが、この資格は経験のない方も受けられるという最大のメリットを持つ反面、それが大きなデメリットに繋がる場合もあります。なぜならば、この資格のみでの照明関係及びインテリア・空間デザインの仕事をしていく事は難しいからです。知識のみであれば誰でも取得する事は出来ます。照明をデザインするにしても、空間をデザインするにしてもそれぞれの専門的な設計技術やデザイン技術を持っていなければこの資格の価値を発揮する事は難しいでしょう。
インテリア・建築の勉強を専門学校でしていく中で、照明は必ずどの場所にも出てきます。 それらの技術を持ったうえで更に専門性のある知識を持っていれば、就職や転職に役立つ資格と言えるでしょう。

オススメのコース

照明コンサルタントに関するコラム

関連する職種