建築家になるには

建築家のお仕事内容

お仕事内容

建築家は与えられた土地に対してどの様な建物を建てるか、造形や構造を検討しながらデザインし図面を描いていく仕事です。 法律に従い安全な建物を設計する事も求められます。
インテリアが内部を作る仕事とすると、建築はその外側の箱を作る仕事になります。
建築士と言う資格が国家資格としてあり、設計業務の責任者として名乗る場合はこの資格が必要になります。※主に独立する時や自分で設計行為を行う以外は必要になるものではありません。
業務内容は様々な条件をクリアしていき、クライアントの望む建物を計画します。

基本的な業務の流れは、インテリアコーディネーター・インテリアプランナー・・・等と大きくは変わりません。 ただ柱の位置。地震や台風で倒れないかなど構造部分の計算や法律上での問題が無いか等の検討がさらに必要になってきます。
また、建築の仕事も箱だけを作れば良い訳ではなく、その内部の空間を考える事が必要になります。つまりインテリアの知識は最低限持っていなければなりません。特に今の社会においては部分的に特化した知識や技術だけでなく様々な業務に対応できる能力が必要とされています。

建築家に求められる能力

建築家になる為には何より設計の勉強をしなければなりません。
図面の描き方やイメージを表現する方法。建築基準法や構造計算の方法まで。ひとつの建物を建てる為に必要な技能が求められます。
また、ページ冒頭に書きましたが、建築家として責任を負う立場になる場合は建築士の国家資格が必要です。

インテリアコーディネーターなどの資格は仮になかったとしても空間デザインの業務を行う事は出来ますが、建築設計の責任者はこの資格がなければ認可がおりません。ですが、この建築士の資格はどこかの設計事務所などに属している内は効果を発揮する事はなかなか無いです。基本的に会社に属していれば設計の申請を行うのは会社の代表になるからです。
あくまで、独立し自分の設計を行う際に誰かに代わりに申請をして貰う事は出来ないので、その時に初めて資格の意味が出てきます。

求められる能力
  • 設計・建築法規の知識やスキル
  • 空間設計への知識
  • 国家資格(独立時)

建築家の年収

建築家の年収はかなり差が有ります。
どれだけ仕事をこなせるか任せられるかで全く年収の変わってくる業界ですし、業界自体で様々な会社が有る為、断定的にお伝えしにくい部分はございますが、ここで記載する年収は平均的な年収とお考えください。
独立をされてご自分で会社を持たれれば年収はこの限りでは無いでしょう。

平均的な年収
  • 1年目=180万円~220万円
  • 5年目=250万円~400万円
  • 10年目=400万円~

建築家の資格・検定

建築家業務には建築士資格で求められる設計・建築法規の知識やスキル。
インテリアプランナー資格で求められる空間設計への知識が必要となります。建築の資格は国家資格やそれに匹敵するくらいの物ですので、資格難易度も高く、合格率も低めです。
独学では難しい部分もありますのでしっかりと専門学校や大学での専門的な勉強が必要でしょう。関連する資格の取得は、全てが必ず必要と言う事はありませんが能力を証明する上でも重要な役割を果たしてくれるでしょう。

1級・2級建築士資格の概要はコチラ 

卒業生のインタビュー

先輩たちがSDCを進める理由

インテリアの仕事に必要な技術が身に付く

インテリアの仕事に必要な技術が身に付く

全くの素人だったのですが、1からインテリアの技術と知識を教わりました。実際に就職して驚いたのは学校で学んだ内容そのままを仕事で求められることです。学校に入る前に大学を卒業して就職した際は、学校の勉強が活きる事ってあまりなかったので、良い選択をしたと思います。

就活面接で驚かれるスキル

就活面接で驚かれるスキル

デザイン会社の集団面接を受けた際、初めての面接でかなり緊張していたのですが、最初にポートフォリオ(作品集)を提出した際、人事担当の方にとにかく驚かれました。これも出来るの?すごいな・・と、自分ではよく分かっていなかったのですが、その会社に入った際に理由が分かりました。デザインの業務はオールマイティに出来る人が少ないので、どんな作業でも担当できるという所が面接で魅力だったようです。

年齢を気にせず学べる

年齢を気にせず学べる

40代を過ぎて今さら勉強や転職など難しいと考えていたのですが、学校には同世代の人や年上の人も一緒に学んでいて、年齢を忘れて学べました。もちろん自分より若い人の方が多いのですが、年齢や経験も全く違う人たちが集まるので、年齢を気にしていることが無駄に感じるほどに充実した日々でした。
インテリア業界に就職した今は、年齢が様々なお客様と打合わせをするので、学校でのコミュニケーションが役に立っていると感じます。

建築家を目指す方におすすめのコース

建築家に関するコラム