ディスプレイデザイナーになるには

ディスプレイデザイナーのお仕事内容

お仕事内容

ディスプレイデザイナー、ウィンドウデコレーターは店舗などのショーウィンドウをデザインしてまとめるお仕事です。
ディスプレイデザインの会社や広告代理店のディスプレイ部門に就職をします。仕事は依頼を受けた企業のイメージを汲み取り、限られたスペースの中でその雰囲気を伝える為のデザインを考えていきます。

ディスプレイデザイナーに求められる能力

ディスプレイのデザインは少ない空間を使い商品などをいかに美しく魅せるかが勝負になります。
建築やインテリア空間デザイン程の設計知識は必要ありませんが、什器などを作ってもらう場合には図面などを描けなければなりません。
もちろんただ商品を飾れば良い訳ではありませんし、クライアントと何度も打ち合わせを重ねデザインを考えなければなりません。
打ち合わせではその場でイメージスケッチなどを描かねば伝える事は出来ません。また、効果的な照明計画やカラーコーディネートが出来なければならないので、その為の知識が必要になります。
この仕事は道を歩く人の目を引き、足を止めてその商品をブランドを気に入ってもらわなければなりません。
求められる能力はインテリアや建築で学ぶ知識が必要になる業界ですので、しっかりとした技術と知識を学ぶ必要が有ります。

求められる能力
  • 図面やスケッチを描く能力
  • 効果的な照明計画やカラーコーディネート力
  • インテリアや建築の基礎力
  • コミュニケーション力
  • 提案力

ディスプレイデザイナーの年収

ディスプレイデザイナーの年収はどの様な仕事を受けるのか、またその規模により全く年収の変わってくる業界です。
ここで記載する年収は企業に属した場合の平均的な年収とお考えください。
独立したディスプレイデザイナーは特にその能力に対して仕事が入ってくる業界で、年数で年収を換算する事は難しい部類です。経験を積み大きなツテやネットワークを築ければ、早い段階から高い年収を得る事も可能です。

平均的な年収
  • 1年目=200万円~250万円
  • 5年目=300万円~500万円
  • 10年目=500万円~

ディスプレイデザイナー資格

ディスプレイデザイナー・ウィンドウデコレーター業務にはインテリアコーディネーター資格で求められる空間コーディネートの知識やスキル。カラーコーディネーター資格で求められる色彩学の知識が役に立ちます。
また、インテリアデコレーター資格などはデコレーションに関する知識を問われる資格なので、ディスプレイデザインのお仕事では役に立つでしょう。
関連する資格の取得は、必ず必要と言う事はありませんが能力を証明する上でも重要な役割を果たしてくれるでしょう。

インテリアデコレーター資格の概要はコチラ

卒業生のインタビュー

先輩たちがSDCを進める理由

インテリアの仕事に必要な技術が身に付く

インテリアの仕事に必要な技術が身に付く

全くの素人だったのですが、1からインテリアの技術と知識を教わりました。実際に就職して驚いたのは学校で学んだ内容そのままを仕事で求められることです。学校に入る前に大学を卒業して就職した際は、学校の勉強が活きる事ってあまりなかったので、良い選択をしたと思います。

就活面接で驚かれるスキル

就活面接で驚かれるスキル

デザイン会社の集団面接を受けた際、初めての面接でかなり緊張していたのですが、最初にポートフォリオ(作品集)を提出した際、人事担当の方にとにかく驚かれました。これも出来るの?すごいな・・と、自分ではよく分かっていなかったのですが、その会社に入った際に理由が分かりました。デザインの業務はオールマイティに出来る人が少ないので、どんな作業でも担当できるという所が面接で魅力だったようです。

年齢を気にせず学べる

年齢を気にせず学べる

40代を過ぎて今さら勉強や転職など難しいと考えていたのですが、学校には同世代の人や年上の人も一緒に学んでいて、年齢を忘れて学べました。もちろん自分より若い人の方が多いのですが、年齢や経験も全く違う人たちが集まるので、年齢を気にしていることが無駄に感じるほどに充実した日々でした。
インテリア業界に就職した今は、年齢が様々なお客様と打合わせをするので、学校でのコミュニケーションが役に立っていると感じます。

ディスプレイデザイナーを目指す方におすすめのコース

ディスプレイデザイナーに関するコラム