インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターのお仕事内容

お仕事内容

インテリアコーディネーター・空間デザイナーは、空間のコーディネート、またはインテリアエレメント(家具・照明・壁紙・ファブリックなど)をお客様と一緒に検討し、空間のデザインに対して適切なものをアドバイスしていきます。
建築的な設計部分を担当する事も多く、空間を創造するプロと言えるでしょう。

インテリアコーディネーターの仕事内容を詳しく知る

インテリアコーディネーターに求められる能力

インテリアコーディネーター・空間デザイナーには豊富な知識と経験が求められます。
インテリアに関する知識は素材・商品・販売店から形状や使い心地まで。様々な質問、相談を適切にこたえなければなりません。また、建築的な技能も必要で、現代ではその双方を併せて空間をデザインする能力が求められます。

インターネットが普及し、プロや専門家でなくとも手軽に欲しい情報を手に入れる事が出来るようになりました。お客様も自分のお金で空間を造るので、とても熱心に勉強をしてこられます。それに対してインテリアコーディネーターや空間デザイナーはより具体的な提案をしていかなければなりません。

また、年齢も重要なポイントです。例えば年齢の若いコーディネーター・デザイナーだけで伺えば、お客様は子育てや家事をしたことが無い人に任せて大丈夫なのだろうか。と心配されます。勿論それを覆せるほどに勉強や経験をしているわけですが、若い方よりも経験豊富な方のほうがお客様は安心して任せてくれます。インテリアコーディネーター・空間デザイナーに求められる能力はインテリアに関する知識は勿論ですが、重ねてきた人生経験も武器になる業界です。

求められる能力
  • 素材・商品・使い心地・販売店の知識
  • 建築的な知識
  • 提案力
  • コミュニケーション力
  • 豊富な人生経験

インテリアコーディネーターの年収

インテリアコーディネーターの年収はかなり差が有る業界です。どれだけ仕事をこなせるか任せられるかで全く年収の変わってくる業界です。 ここで記載する年収は平均的な年収とお考えください。独立をされてご自分で会社を持たれれば年収はこの限りでは無いでしょう。

平均的な年収
  • 1年目=200万円~250万円
  • 5年目=300万円~500万円
  • 10年目=500万円~1000万円

インテリアコーディネーター資格

インテリアコーディネート業務にはインテリアコーディネーター資格で求められる幅広いインテリアへの知識。 福祉住環境コーディネーター資格で求められる福祉という観点の空間デザイン知識。など関連する資格で持っていて損をすることが有るものは有りません。 どれを取っておいた方が良いか。等も質問されますが、どれが必要なのではなく、自分がどの様な仕事をしたいからこの資格を取ると言う方が多いです。 関連する資格の取得は、必ず必要と言う事はありませんが能力を証明する上でも重要な役割を果たしてくれるでしょう。

インテリアコーディネーター資格の概要はコチラ

卒業生のインタビュー

先輩たちがSDCを進める理由

インテリアの仕事に必要な技術が身に付く

インテリアの仕事に必要な技術が身に付く

全くの素人だったのですが、1からインテリアの技術と知識を教わりました。実際に就職して驚いたのは学校で学んだ内容そのままを仕事で求められることです。学校に入る前に大学を卒業して就職した際は、学校の勉強が活きる事ってあまりなかったので、良い選択をしたと思います。

就活面接で驚かれるスキル

就活面接で驚かれるスキル

デザイン会社の集団面接を受けた際、初めての面接でかなり緊張していたのですが、最初にポートフォリオ(作品集)を提出した際、人事担当の方にとにかく驚かれました。これも出来るの?すごいな・・と、自分ではよく分かっていなかったのですが、その会社に入った際に理由が分かりました。デザインの業務はオールマイティに出来る人が少ないので、どんな作業でも担当できるという所が面接で魅力だったようです。

年齢を気にせず学べる

年齢を気にせず学べる

40代を過ぎて今さら勉強や転職など難しいと考えていたのですが、学校には同世代の人や年上の人も一緒に学んでいて、年齢を忘れて学べました。もちろん自分より若い人の方が多いのですが、年齢や経験も全く違う人たちが集まるので、年齢を気にしていることが無駄に感じるほどに充実した日々でした。
インテリア業界に就職した今は、年齢が様々なお客様と打合わせをするので、学校でのコミュニケーションが役に立っていると感じます。

インテリアコーディネーターを目指す方におすすめのコース

インテリアコーディネーターに関するコラム