SDC

インテリアプランナーになるには【年収・資格等】

インテリアプランナーのシゴト

インテリアプランナーは建築的な知識を持ち、かつインテリアの専門家として空間に対する提案やプランを検討・デザインする仕事です。
多様化するニーズの中で、インテリア専門のプロとして確立された職業として存在しています。

業務内容はインテリアデザイナーと大きくは変わりませんが、自らデザインした空間が出来上がるまでの工事(施工)を手配・管理し完成まで見届けることがインテリアプランナーには求められる傾向にあります。

いずれにしても、クライアントの要望に対して自分はこんな風に考えデザインするという事を、相手に伝えそれを現実に形にしていく仕事です。インテリア専門の分野では家具や照明器具を選んだり、壁紙や床材を選んだりもしますし、空間のレイアウトを変更して選定したインテリアを配置していく仕事に変わりは有りません。

インテリアプランナーに求められる能力

インテリアの専門家として仕事をするうえでは、特別な才能やセンスを求められることはありません。
勿論突出した能力が有ればそれは強い武器になりますが、そのような特別な人のみに求められる事よりも大切な事は、お客様の求めるものを表現する力です。
それは求めている事を聞き取るコミュニケーション能力であったり、相手が望んでいる事を想像する力であったり、どんな商品・素材が適切なのかを答えられる知識であったりです。
お客様があって初めて成立する仕事では、そのようなちょっとしたことが何よりも大事で、本質的に求められている事はその部分です。
専門学校などできちんとした能力を磨き、仕事をしながら更に研ぎ澄ませていける探究心が大切と言えるでしょう。

年収ってどれくらい?

インテリアプランナー・デザイナーの年収はかなり差が有る業界です。どれだけ仕事をこなせるか任せられるかで全く年収の変わってくる業界です。
ここで記載する年収は平均的な年収とお考えください。

1年目=200万円~250万円
5年目=300万円~500万円
10年目=500万円~1000万円

それ以外にも、独立をされてご自分で会社を持たれれば年収はこの限りでは無いでしょう。

インテリアプランナーに関する資格・検定

インテリアデザイン業界にはインテリアコーディネーター資格で求められるインテリアの専門的な知識やスキル。
インテリアプランナー資格で求められる建築的な知識やそれを踏まえたインテリアの知識。インテリアプランナー資格などは実務経験を経ていないと取得をすることが難しく、合格率も低めですが取得することが出来ればインテリア専門のデザイナーとして仕事をするうえでは必ず力になるでしょう。
関連する資格の取得は、必ず必要と言う事はありませんが能力を証明する上でも重要な役割を果たしてくれるでしょう。

インテリアプランナーに未経験からなるには

インテリアプランナーに未経験からなるにはどんな事が必要なのでしょうか。以下に幾つかポイントをまとめました。
・インテリアプランナーとして就職することは特別資格などが無くても可能
・インテリアプランナーとして名乗るには「インテリアプランナー試験」に合格し、資格を取得するのが一般的
・「インテリアプランナー試験」合格後にインテリアプランナー登録を受けるには、学歴、資格などに応じて所定の実務経験が必要になる。
以上の内容を踏まえると、未経験でも仕事に就くことは可能だが、デザインの業務に関わるにはインテリア関連の学校で学ぶのが近道。と言えます。

インテリアプランナーの就職先

インテリアプランナーは住宅関連業界が就職先として多いですが、それ以外にも様々な職場で活躍することができます。主な就職先と仕事内容を紹介します。

〇住宅・建築・設計系
新築のインテリアコーディネートを含め間取りや使い勝手など用途に応じた提案を考える。建築的な知識なども場合によっては必要
<就職先例>
住宅メーカー  / 不動産会社 / リフォーム会社 / 設計・デザイン事務所 / 工務店 ・・・等

〇設備・建材系
インテリア空間に関連する設備を扱う会社、自社製品を絡めてリフォーム・インテリアコーディネートの提案を行う場合もある。
<就職先例>
設備建材メーカー / 照明メーカー / 家具メーカー・・・等

〇インテリア販売系
インテリアに関わる、設備・家具・小物などの販売を主とする。販売する内容によってはコーディネートの提案や仕上素材の提案(家具張地の提案や設備素材の提案)などを行う場合もある。
インテリアメーカー / インテリアショップ / 家具ショップ・・・等

インテリアプランナーの将来性

建築業界においてインテリアが重視されるようになり、様々な企業がインテリアに特化した部署を設けたり、他業界からインテリア業界に参入が続いたり、インテリアを専門のインテリアデザイン事務所に依頼したりするなど、クオリティ重視になってきている。
また、「リノベーション」「リフォーム」ブームが来ており、建築の知識を持ったインテリアプランナーのニーズが高まっている。
インテリアプランナーの資格などは建築士の資格を持つ建築家が受験している背景も多く、インテリアに対するニーズがうかがえる。
これらを踏まえると、インテリアがより求められる様になっていくため、インテリアプランナーの需要は高まっていくと考えられます。

インテリアプランナーのやりがい

インテリアプランナーのやりがいはどんなことでしょうか。
実際にインテリアプランナーさんから集めたやりがいの部分を掲載いたします。

〇お客様の好みやライフスタイルを伺い、インテリアをプランニングする過程が楽しい
建築設計から関わり内部のインテリアに至るまでを提案するため、その人の生活や大げさに言うと、人生に影響する部分まで考えるため、難しいことも多いがそれ以上のやりがいを感じる。(建築設計事務所代表 1級建築士・インテリプランナー)

〇お客様の好みにあったご提案が出来たと感じたときが嬉しい。
リフォームなどでお悩みを一緒に解決していき、ガラリと変わった空間を気に入って貰えた時はこの仕事をしていて良かったと心から思う。(設計事務所勤務インテリアプランナー)

〇お客様にとって思い入れの強い住まいづくりに携われる
どのお客様も一世一代のお買い物ですので、本当に真剣です。あれも良いこれも良いと悩みぬいた末に出来上がる空間は、時間こそ掛かりますがお客様のお役に立てているという実感がより強く感じます。(老舗工務店勤務インテリアプランナー)

インテリアプランナーの苦労

どんな仕事でも良いことばかりではありません。インテリアプランナーにも大変な部分は当然あります。
実際にインテリアプランナーさんから集めた苦労の部分を掲載いたします。

〇代わりを出来る人がいないことが多く、体調管理にはかなり気を付けている
お客様と打ち合わせの際に建築、インテリア、工事など全ての部分に関わる内容になることが多く、代わりの人にお願いすることが難しい場面も多いので、少しでも調子が悪くなると心配になる。(不動産会社勤務インテリプランナー)

〇常に新しい知識を学んでいかないといけない
特にインテリアなどは流行りなども多く、最新の製品が毎年出てくる。その為常に情報を手に入れていかないと、お客様の方がよくご存じ。なんていう事もしばしば。(ハウスメーカー勤務インテリアプランナー)

関連資格

照明コンサルタント資格 カラーコーディネーター資格エクステリアプランナー資格

オススメのコース

リノベーション科インテリアコーディネーター科

叶える職業・叶えるシゴト一覧
インテリアコーディネーター・空間デザイナーになるにはインテリアデザイナーになるには店舗デザイナーになるには家具デザイナーになるにはインテリアスタイリストになるにはディスプレイデザイナーになるにはインテリアアドバイザーになるには建築家になるには照明デザイナーになるには|インテリアプランナーになるには

学校案内
東京校MAP
「池袋」駅東口より徒歩3分
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル6F
TEL : 03-5952-0452
E-Mail : tokyo@space-design.co.jp
京都校MAP
「烏丸」・「四条」駅21番出口より徒歩3分
〒604-8152
京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町650
四条烏丸スタービル8F
TEL : 075-253-1561
E-Mail : sdc-k@space-design.co.jp
大阪校MAP
「淀屋橋」駅①番出口より徒歩5分
〒530-0047 大阪市北区西天満2-8-1
大江ビルヂング203・204
TEL : 06-6365-0017
E-Mail : sdc-o@space-design.co.jp
SDC ParisMAP
ADDRESS : 13,Rue Boursault 75017 Paris France
E-Mail : an.fr@space-design.co.jp
PAGE TOP