Q&A

インテリアコーディネーター資格試験

インテリアコーディネーター資格試験の概要

インテリアコーディネーター資格は社団法人インテリア産業協会が主催する試験で、インテリア関連資格の中で一番認知度の高い資格です。 
元々は通産省(現 経済産業省)が、快適な住空間を作るために適切かつ専門的な提案・助言を行なう人材を排出することを目的として立ち上げた資格です。
現在も経済産業省がバックアップをしており、昨年度(平成24年)は全国で9789名の方が受験しています。 

<試験方式>
1次(マークシート方式)と2次(論文、プレゼンテーション)に分かれており、2次合格後、資格を取得できます。
1級、2級といった区分けはありません。 

<受験資格>
1次は年齢・性別・学歴・職業・経験不問、2次は1次試験に合格をしていること。 

インテリアコーディネーター資格試験の日程

毎年1次試験は10月の第2または第3日曜日に、2次試験は12月の第2または第3日曜日に開催されています。
(受験申し込みは8月下旬が閉め切り) 

<平成25年>
1次試験:10/13(日)    2次試験:12/8(日)

インテリアコーディネーター資格試験の科目、内容

<1次試験> 
「インテリア商品と販売(100分)」と「インテリア計画と技術(100分)」の2科目です。 いずれもインテリア産業協会が出版している「インテリアコーディネーターハンドブック販売編」「インテリアコーディネーターハンドブック技術編」の2冊が公式のテキストとなっており、多くはこのテキストから出題されます。
※平成26年度より1科目に統合される予定です。

「インテリア商品と販売」
1. インテリア商品  2. インテリア販売  3. インテリア情報  4. コンサルティング  5. 積算・見積 6. 住環境 

「インテリア計画と技術」
1.住宅構造 2.インテリア構成材 3.室内環境 4.インテリア基礎 5.インテリア計画 6.表現技法 7.関連法規 

<2次試験> 
「論文、プレゼンテーション(180分)」 論文はあるテーマに従い、コーディネーターとしての考えを述べる、プレゼンテーションは与えられた条件をもとにプランニングをし、図面(平面図、展開図等)、パース等を作成するものです。
図面、パースは色鉛筆で着彩をします。
(試験官の前でプレゼンテーションをするわけではありません)

免除制度

・2次試験が不合格だった場合、翌年から3年間は1次試験が免除となります。 
・1次試験のうちいずれか1科目が合格だった場合、翌年から2年間は合格だった科目試験が免除となります。

お問い合わせ先

インテリア産業協会
インテリアコーディネーター資格試験運営事務局 
TEL:03-3233-6077 (10:00~17:00 平日のみ)
Mail:info_kentei@nippan.co.jp

学校案内
東京校MAP
「池袋」駅東口より徒歩3分
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル6F
TEL : 03-5952-0452
E-Mail : tokyo@space-design.co.jp
京都校MAP
「烏丸」・「四条」駅21番出口より徒歩3分
〒604-8152
京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町650
四条烏丸スタービル8F
TEL : 075-253-1561
E-Mail : sdc-k@space-design.co.jp
大阪校MAP
「淀屋橋」駅①番出口より徒歩5分
〒530-0047 大阪市北区西天満2-8-1
大江ビルヂング203・204
TEL : 06-6365-0017
E-Mail : sdc-o@space-design.co.jp
PAGE TOP