SPACE DESIGN COLLEGE “SPACE DESIGN“ 大阪校 スペースデザイン設計科
SPACE DESIGN COLLEGE
“SPACE DESIGN“
大阪校
スペースデザイン設計科

大阪校
スペースデザイン設計科

  • 大阪校
  • 2年間コース
  • 昼間 / 週3日

2019年3月卒業生 就職率100%
※2019年7月30日現在


未経験から建築家へ
住宅や店舗、ホテルの設計等
思い通りの空間をデザインする

初めての方も安心して学べるように、基本から学び、段階を踏んで実務レベルにまで到達。
即戦力として設計事務所、大手建設会社、ハウスメーカー、店舗設計会社等へ就職できます。

コース概要

学べる内容

戸建住宅設計
(平屋・2階建て・3階建て)

戸建住宅設計(平屋・2階建て・3階建て)

木造戸建て住宅、鉄骨造戸建て住宅の設計に取り組みます。
周囲の環境を考慮した建物のデザインとは? 敷地に対してどのようなボリュームで建物を計画するのか? 住まいやすい間取りとは? 構造的に安全な建物なのか? インテリアデザインのテイストは? 家具のレイアウトは? 建築に合ったガーデンデザインとは? 等々様々な角度から設計、デザインの手法を学びます。
また、設計図書(図面)の描き方、模型の作り方、プレゼンテーションボードの作り方もしっかりマスターします。

商業施設、
公共施設の設計

商業施設、公共施設の設計

住宅設計にとどまらず、「ホテル」「美術館」「音楽ホール」等の商業施設、公共施設の大規模設計を学びます。
建物の構造は木造、鉄筋コンクリート、鉄骨造等、建物の形状やボリュームによって選択されます。
また不特定多数の人が利用する施設ではバリアフリーやユニバーサルデザインといった視点での計画も重要です。 より高度な思考、設計技術、デザインセンスを磨ける課題です。

店舗デザイン

店舗デザイン

カフェやアパレルショップ、セレクトショップ等の店舗デザインを履修します。
例えば物販店の場合、通りを歩いている人にどうやって興味をひかせるのか? 店内では商品をどのように陳列すれば手に取って購入する気持ちになるのか? 複数の人がスムーズに動くことができるレイアウトとは?
大切なのは繁盛するショップを提供できるデザイナーになることです。
単なる店舗デザイナーに留まらない、総合力ある「店舗プロデューサー」を目指します。

インテリア
コーディネーション

インテリアコーディネーション

建物の設計技術があっても、インテリア空間が素敵でなければクライアントは満足しません。
「建築とインテリアは一体である」
これがスペースデザインカレッジが重要視する考えです。
床、壁、天井の仕上げ材、カーテンやブラインドなどの窓飾り、家具や照明のレイアウト。インテリアに関わるデザイン力も必須で学びます。
インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターとしての技術も多く学び、総合力のあるデザイナーを目指します。

住宅リフォーム・
リノベーション

住宅リフォーム・リノベーション

リフォームの需要が年々高まっている日本において、的確なリフォームデザインができる人材はまだまだ足りていません。
授業では木造戸建て住宅のリフォーム、鉄筋コンクリートマンションのリフォーム課題に取り組みます。
構造、設備といった様々な制約がある中で、建物に新しい価値を付加し、現代のライフスタイルに合わせたインテリアデザインを提供できるスキルを学びます。

CAD・フォトショップ・
イラストレーター

CAD・フォトショップ・イラストレーター

コンピュータのスキルを磨きます。
図面作成、3次元表現のためのCAD。(JWCAD、ベクターワークス)
画像加工のためのフォトショップ。
プレゼン資料制作のためのイラストレーター。
これらソフトの使い方をマスターします。

グラフィックデザイン

グラフィックデザイン

建物の設計、インテリア空間のデザインだけでなく、実務ではショップの看板(サイン)や商品のパッケージデザインを行うことも多々あります。
優れたグラフィックデザインを提案できることは、建築・インテリアデザイナーにとって大きな武器です。
課題を通してこれらの技術を身に付けていきます。 また、見やすく美しいプレゼンテーション資料の作成もグラフィックの処理が重要です。合わせてプレゼンテーションテクニックも強化していきます。

その他

その他

<知識と技術>できるコトを増やし、将来に備える
デッサン、パース、着彩、製図、照明デザイン、家具デザイン、プロダクトデザイン、企業演習、建築構造、建築施工、建築法規、インテリア材料、環境工学、住宅設備、設備機器、バリアフリー・ユニバーサルデザイン、造形学、色彩学、ビジュアルマーチャンダイジング、店舗企画、ディスプレイデザイン、ガーデンデザイン、ランドスケープデザイン、プレゼンテーショントーク、ショールーム見学、インテリアコーディネーター試験対策(自由参加)、国内研修&海外研修(自由参加)

ポイント

  1. 多岐に渡る提案が
    可能なデザイナーへ

    住宅設計・マンション設計・ホテル設計・店舗デザイン・インテリアコーディネート・リフォーム(リノベーション)・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・ランドスケープ・CAD・CGなど2年間で多くのデザイン課題に取組みます。

  2. より就職を有利に

    就職率98%。2年間で能力はプロと遜色ないレベルに至ります。その高い作品レベルから、より有利な条件で就職活動を行うことができます。

  3. 授業を通して
    進路を見出す

    多くの方は入学時の段階で明確な進路が決まっているわけではありません。
    実際に授業を受けてみて「やりたいコト」「得意なモノ」が見えてきます。
    進路相談は常に受け付けていますので、気軽に声を掛けてください。一緒に進路を考えていきましょう。

  4. アルバイトを
    しながら学べる

    このコースの授業時間帯は
    9:30-16:40×2日 + 9:30-12:40×1日=週3日
    授業のない日はアルバイトや自習に充てることが可能です。
    例えば時給1,000円、1日8時間、週3日間で9.6万円/月の収入が見込めます。生活費を稼ぎながら勉強もできる環境です。

  5. 授業時間
    以外も学べる

    12:40で授業が終了する日の午後は、少しでも前に進みたい方の為に、選択授業や補講を行っています。必須授業以外に、プラスαの知識、経験を得ることができます。
    自由参加なのでアルバイトや自習に充てることも可能です。

  6. 通学がプロへの近道

    通信制は1人で調べ1人で考えながら答えを導き出さなければなりません。年に数回通学してアドバイスを貰う程度では、即座に決断をしていく実務に対応することは難しいでしょう。
    通学のメリットはプロの講師が皆さんの細かい疑問や質問に常にお答えできることと、過去の先輩方の作品などから考え方ややり方を学ぶことが来ることです。

  7. インテリアコーディネーター
    対策講座

    建築&インテリアの実務だけでなく、資格も取得したい!という方のために、インテリアコーディネーターの資格対策講座を導入しています。
    20年間培ってきた豊富な対策で、1次・2次試験に向けた準備も万全です。

    1次試験対策
    期間 5月~9月末
    (週1回、2時間)×19回=38時間

人気の就職先

授業時間・応募資格

授業時間

大阪校 (受講期間:2年間)

【4月コース】
・水・木・金曜日
・週3日
・年間合計 600時間 +α

※9:30-16:40×2日 + 9:30-12:40×1日=週3日。
※+αの時間は授業外の「補講」「課題チェック」「就職相談」などが含まれます。

応募資格

  • 20歳以上の方
  • 学歴不問
  • 本気でインテリア、建築デザインの分野で仕事をしていきたいという意欲を持ち、真剣に学ぶ意思がある方

※外国籍の方は就労ビザ等をお持ちの方に限ります。当校では学生ビザは発行致しかねます。

選考方法

面接にて意思確認。

編入・転籍制度について

編入制度

スペースデザイン設計科1年次を修了(卒業)された方は、大阪校・京都校・東京校のインテリアデザイン設計科2年次、又はインテリアコーディネーター研究科へ編入することができます。