2015.08.29インテリアアクセサリー , インテリアコーディネート

フレンチ雑貨やカラフルな壁紙でセンスあふれるフレンチインテリアを目指そう


6801-022-1

フランスといえば、おしゃれなファッションで知られる国です。首都パリで暮らす女性、パリジェンヌたちは、それぞれ自分なりのファッションを楽しんでいます。 おしゃれに敏感なパリジェンヌたちの中には、ファッションと同じくインテリアにもこだわりを持っている方が大勢います。カラフルな壁やかわいい雑貨で彩られたフレンチインテリアは、日本の女性にも人気です。 今回は、人気のフレンチインテリアを目指す方法についてご紹介します。

 

 

6801-022-2

壁に色や柄を加えよう!

フレンチインテリアの特徴の1つが、カラフルな色使いです。パリでは、壁に直接ペンキを塗って色を加え、個性を演出する方も大勢います。しかし日本の住宅では、賃貸契約の関係で壁にペンキを直接塗ることは不可能であることも多いでしょう。 そのような場合は、壁紙を変えるという方法を試してはいかがでしょうか。壁の一面すべて、または一部分をカラフルな壁紙や個性的な柄の壁紙に変えるだけでも、部屋の雰囲気が大きく変わります。簡単に剥がせる壁紙用ののりも販売されているため、賃貸の部屋でも手軽に壁紙を貼ってイメージチェンジができます。 壁紙の張り替えには勇気がいると考えている方には、貼ってはがせるウォールステッカーがおすすめです。白い壁にカラフルな動物や植物など、自分好みのウォールステッカーを貼りましょう。エッフェル塔のシルエットや、窓、額縁をかたどったものなど、さまざまな種類のウォールステッカーがあります。好みに合うものを探してみてください。

 

6801-022-3

フレンチ雑貨の上手な取り入れ方

フランスといえば、ファッションだけではなくアンティーク雑貨も有名です。フランスのアンティーク雑貨にはハートやバラなど女性に人気のかわいらしいデザインのものが多く、現代でも色あせない魅力を持っています。 フレンチカントリー雑貨もフレンチ雑貨の代表格です。フレンチカントリー雑貨はアンティーク雑貨よりもさらに甘めのデザインのものが多く、子供部屋のインテリアにもよく合います。 これらのフレンチ雑貨は、一つ一つが強い存在感を持っています。個性が強いフレンチ雑貨を1ヶ所に集めるとまとまりがなくなってしまうため、できるだけ1ヶ所に集めないようにして置きましょう。一つ一つの雑貨がしっかりとよく見えるよう、間を空けて配置することがポイントです。 高いところに配置することも、フレンチ雑貨をきれいに見せるコツです。目線よりも高い位置にフレンチ雑貨を置くと、おしゃれな雰囲気を違和感なく演出できるでしょう。

 

 

6801-022-4

マカロンカラーを上手に取り入れよう

フレンチインテリアでは、マカロンカラーと呼ばれる色がよく用いられます。マカロンカラーは、パステルカラーをさらに淡くした色です。ポップでありつつどこかエレガントな色合いには、主張し過ぎないかわいさがあります。 ピンク系のマカロンカラーはお姫様のような雰囲気を、ブルー系はガーリーでありつつも清潔な雰囲気を、パープル系はさわやかな甘さを部屋に添えてくれます。ミントのような色合いの、グリーン系のマカロンカラーも人気です。 マカロンカラーは、フランス風の壁紙や雑貨に取り入れやすい色です。さまざまな色の雑貨や壁紙を見比べ、インテリアコーディネートのシミュレーションをしてみましょう。

 

 

おわりに

パリジェンヌのように、ファッションだけではなくインテリアにも個性を取り入れることで、家にいる時間がより楽しくなるはずです。 フレンチ雑貨やカラフルな壁紙などを自由に用いて、センスあふれるフレンチインテリアに挑戦してはいかがでしょうか。

初心者が学ぶインテリアの学校!
開校以来21年連続インテリアコンテスト受賞の実績!


スペースデザインカレッジは東京・大阪・京都に教室を持つ20歳以上の「大人のためのインテリアデザイン専門の学校」です。

卒業後の就職までも完全サポート!

インテリア業界に興味があるけど諦めていた社会人方にも多く入学いただいています。

資料請求・説明会も無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インテリアのプロになりたい人必見!スペースデザインカレッジについて詳しくはこちら
The following two tabs change content below.
インテリアアーカイブス編集局
インテリアアーカイブスを運営するインテリアコーディネーター専門の学校スペースデザインカレッジの講師陣が編集局として最新のインテリア情報をお届けします!