2017.04.06インテリアコーディネート

北欧モダン(スカンジナビアンモダン)インテリアでリラックス部屋を作ろう


スウェーデン、ノルウェー、フィンランドなど、欧州の中でも北部に属する国々は「北欧諸国」と呼ばれています。デザインなどで独自の文化を持つことが知られ、特にインテリアのテイストは2000年代に「北欧スタイル」として世界的ブームとなりました。

今回は、現代ではインテリアのスタンダードとなった「北欧モダン(スカンジナビアンモダン)」についてご紹介します。

北欧モダン(スカンジナビアンモダン)ってどんなイメージ?

北欧モダンは、北極圏に近く日照時間の少ない北欧の気候的特色などが生んだインテリアスタイルです。家の中で過ごす時間が多いからこそ、屋内に太陽のような明るさや遊び心、楽しさを取り入れたインテリアが発展したと考えられています。

豊富な森林資源を活用した木材を多用している点も、北欧モダンインテリアの特徴。白木の床や家具にポップカラーのファブリック、あたたかな素材感すっきりとした機能美、そしてエコフレンドリーなインテリアスタイルが「北欧モダン」といえるでしょう。

北欧スタイルのファブリックを活かしてカラフルな部屋作り

北欧モダンスタイルといえば、花や鳥を大胆に描いた模様のカーテンなど、特徴的なファブリックを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。鮮やかでポップなカラーリングを差し色として加える手法は、北欧モダンらしい特色の1つとして挙げられます。

北欧モダンインテリアを目指すなら、テーブルクロスやラグなどに、鮮やかで楽しさがあふれるファブリックを取り入れ、明るい木目や白い家具と合わせて、部屋の中にできるだけ暗く沈んだ部分を作らないようにしましょう。

こだわりの木製家具が北欧モダンらしい癒やし空間を演出

木製の家具を用いる際は、鏡面加工などが施されていない、素朴な風合いをあえて残したものを選び、自然の木に触れた時のような印象を大切にすると良いでしょう。北欧の人々は天然素材が持つ質感も大切に考える傾向があります。あたたかさや素材の風合いなどを損なわずに、居心地の良さを重視した部屋作りを心掛けましょう。

質の良い木製の家具は、北欧モダンなコーディネートに最適です。黒や茶でまとめ、差し色に植物の緑を配置すると、ナチュラルテイストの強い北欧モダンになります。木製の白い家具でそろえ、モダン寄りの雰囲気で部屋を仕上げるのもおすすめ。白を基調に黒い家具やランプでインテリアの印象を引き締め、植物の緑で自然との調和を表現する手法もあります。このような表現の幅広さも、北欧モダンインテリアのおもしろい点ではないでしょうか。

北欧×和風モダンのアイデア

天然素材を多用して自然環境と共存する住まい作りをしてきたという点において、北欧諸国と日本の住まい作りには共通する部分があります。そのため、白壁や白木をポイントにした北欧スタイルは、和の空間にも意外とよくなじむといわれているのをご存じでしょうか。和室をスタイリッシュに模様替えしたい場合には、ポップなラグやカーテン、白木の家具などを取り入れて北欧×和風モダンな部屋にしてみても良いでしょう。

キャンドルや間接照明で雰囲気アップ!

室内に暗いところを作らないという北欧モダンの特徴は、明かりの使い方にも表れています。部屋の隅や窓辺をキャンドルや間接照明で照らし、明るくあたたかく見せる工夫は北欧テイストの定番テクニック。火を使うことが不安であれば、炎にそっくりなLEDキャンドルを活用して、落ち着きと明るさを演出しましょう。

おわりに

今回は、ブームから定番のインテリアスタイルの1つとなった北欧モダンインテリアについてご紹介しました。年代や性別を問わず、誰もが居心地の良さを感じられる点が北欧モダンの特長です。はじめは北欧風の雑貨などを取り入れるだけでも、その特色あるテイストが味わえるはず。徐々にイメージを統一しながら、素朴で独特な雰囲気のある北欧モダンを目指していってはいかがでしょうか。

初心者が学ぶインテリアの学校!
開校以来20年連続インテリアコンテスト受賞の実績!


スペースデザインカレッジは東京・大阪・京都に教室を持つ20歳以上の「大人のためのインテリアデザイン専門の学校」です。

卒業後の就職までも完全サポート!

インテリア業界に興味があるけど諦めていた社会人方にも多く入学いただいています。

資料請求・説明会も無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インテリアのプロになりたい人必見!スペースデザインカレッジについて詳しくはこちら
The following two tabs change content below.
インテリアアーカイブス編集局
インテリアアーカイブスを運営するインテリアコーディネーター専門の学校スペースデザインカレッジの講師陣が編集局として最新のインテリア情報をお届けします!