2015.06.02インテリアコーディネート

モノトーンでシンプルな部屋!白黒インテリアで部屋をコーディネート


6801-016-1

 

高級感があり、ゆったりとくつろぐことのできる大人の空間。モノトーンでまとめられたシンプルな部屋は年齢、性別問わず人気です。一見コーディネートが難しそうなモノトーンもポイントを押さえることで、手軽にシックでスタイリッシュな部屋を作り出すことができます。

今回は部屋のモノトーン・コーディネート術をご紹介します。

 

 

6801-016-2

【ポイントその1】大切なのはバランス

まず、「白」と「黒」がもつ色のイメージはまったく異なることを理解しましょう。「白」は部屋を広く見せ、清潔感、爽やかさを感じさせます。一方「黒」は、かっこよさ、男らしさ、大人っぽさを演出します

次に、自分の部屋をどのような雰囲気にまとめるか考えます。同じモノトーンのコーディネートでも、白と黒の2色の比率によって全く印象の異なる部屋に変化させることができます。

 

例えばソファや壁、カーテンなどに「白」を使用し、「黒」をポイント使いすることにより、爽やかな清潔感のある雰囲気にまとまります。白の比率を大きくしていくことによって部屋全体が明るくなるため、モノトーンの部屋に抵抗のある女性にもぴったりの部屋が仕上がります。また、白いレースカーテンを選ぶと部屋に光を取り入れることができ、より明るい雰囲気を出すことができます。

「黒」をメインカラーにした場合、部屋全体がシックで重厚な雰囲気になります。そして「白」をポイント使いすることによって、スタイリッシュでおしゃれな部屋に変身します。男性におすすめのコーディネートです。

 

 

6801-016-3

【ポイントその2】シンプルさを追求

モノトーンに部屋をコーディネートする場合、できるだけ余計なものを置かずに、あくまでシンプルにまとめることがポイントです。白と黒の二色しか使用していない部屋では、家具や小物が多いと、モノトーンの良さを十分に生かすことができません。

小物が多い場合は、黒や白、またはグレー系のボックスにまとめて収納し、インテリアの一部として取り入れると良いでしょう。部屋にディスプレイしたいものがある場合は、厳選して飾ります。また、部屋全体のバランスを考慮した上で配置するようにしましょう。

 

 

6801-016-4

【ポイントその3】小物もモノトーンで統一

家具はもちろん、小物も白黒で統一すると、モノトーンの魅力をぐっと引き出すことができます。ティッシュケースやダストボックスなど、普段あまり配色を気にしない小物も白黒に統一することにより、よりおしゃれな部屋にランクアップできます。

また、モノトーンでは物の形や質が際立つため、家具や小物のセレクトは念入りにしましょう。室内が少し単調すぎると感じた場合は、観葉植物で緑を取り入れたり、ビビットなカラーの小物を置いたりして、一部にモノトーン以外の色を加えてみることもおすすめです。

例えば、シルバーのテーブルやいすを室内に置くと、黒と白を際立たせる効果があります。しかし、白黒以外の色が目立ってしまうと部屋自体のバランスが崩れてしまうため、あくまでもさりげなく置ける家具や小物を選びましょう。

 

まとめ

今回は、部屋のモノトーン・コーディネートの方法についてご紹介しました。

モノトーンと聞いて黒を基調としたイメージを思い浮かべ、抵抗を感じる方もいるかもしれません。しかしそのような方でも、白を部屋のメインカラーにするだけで明るく、優しい雰囲気を作り出すことができます。反対に黒をメインカラーに選べば、大人の落ち着いた雰囲気を演出できます。

手軽にスタイリッシュでおしゃれな部屋にできるモノトーン・コーディネート。ぜひこの機会に部屋をモノトーンでコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

インテリアコーディネートの知識を活かせる仕事って?

インテリアコーディネートの仕事といえば、インテリアコーディネーター。
しかしインテリアコーディネーターだけでなく、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナーなどなど・・・インテリアコーディネートの知識を活かせるお仕事はたくさんあります。

それぞれどんなお仕事なのか、チェックしてみましょう!

> インテリアコーディネーター・空間デザイナーになるには

> インテリアデザイナーになるには

> 店舗デザイナーになるには

> 家具デザイナーになるには

初心者が学ぶインテリアの学校!
開校以来21年連続インテリアコンテスト受賞の実績!


スペースデザインカレッジは東京・大阪・京都に教室を持つ20歳以上の「大人のためのインテリアデザイン専門の学校」です。

卒業後の就職までも完全サポート!

インテリア業界に興味があるけど諦めていた社会人方にも多く入学いただいています。

資料請求・説明会も無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インテリアのプロになりたい人必見!スペースデザインカレッジについて詳しくはこちら
The following two tabs change content below.
インテリアアーカイブス編集局
インテリアアーカイブスを運営するインテリアコーディネーター専門の学校スペースデザインカレッジの講師陣が編集局として最新のインテリア情報をお届けします!