2021.01.28インテリアコーディネート

赤色のインテリアコーディネートでぬくもりある素敵なお部屋に

赤色のインテリアコーディネートの部屋
おしゃれなカラーとして人気の赤色は、インテリアに華やかさやぬくもり、凛としたイメージを与えてくれます。これは、赤色が暖色系に属し、進出色と呼ばれるパワフルな特性を持っているから。色の種類の中で最も目立つ赤色は、使いすぎると刺激が強すぎて落ち着かない雰囲気となるため、分量と配色のバランスには注意が必要です。

今回は、赤色のインテリアコーディネートでぬくもりのある素敵なお部屋に仕上げるコツをご紹介します。

 

赤色のインテリアコーディネートのメリット

赤色は、トーンの調子(明るさや鮮やかさの程度)によって、豊かな表情を見せるカラーです。さらに、素材や質感で表現すれば、どんなインテリアテイストにもマッチして華を添えてくれます。

赤色はおしゃれなだけでなく、見ただけで心も体も興奮するスパイスのような作用を持つため、目的に合った刺激に調整することで、さまざまな空間で私たちの行動をサポートしてくれます。

 

例えば、赤は太陽や炎といった暖かいイメージを持つので、リビングや寝室に取り入れることで、寒い冬でもぬくもりを感じながら過ごすことができます。

他にも、オフィスなどでチェアや壁の一面だけにアクセントとして赤色を取り入れると、活発に意見が出たり、集中力ややる気がアップして仕事が捗ったりという実例もあります。

 

赤色は、積極性をもたらし前向きな気持ちにさせてくれる効果も持っています。お守りなどゲン担ぎのものに赤色が多いことも頷けますね。元気が出ない時やくじけそうな時も、赤色の力を借りれば一歩前に進めそうな気分になります。

 

お部屋に赤いインテリアを取り入れるには

ソファの上の赤いクッション赤色はとても目立つ色なので、少ない分量でも十分に効果を発揮します。初めて赤色のインテリアコーディネートに挑戦する場合は、クッションやブランケット、キャンドルなどの簡単に動かせる小物から取り入れてみてください。

 

お部屋のイメージをがらりと変えたいなら、ソファーなどの大物家具、壁紙やカーテンなどの面積の広いインテリアで大胆にコーディネートすると潔くかっこいい雰囲気に仕上がります。

 

ほかにも、ペンダントライトやスタンドライト、ファブリックパネル、ガーランドや一輪挿しのお花など、お部屋の中にバランスよく赤い色を配置していきましょう。空間の中でトライアングルを描くように配置すると、少ない数の小物でも赤色がメインのお部屋として演出できますよ。

 

また、分量を増やしすぎるとうるさく感じてしまうので、ワインレッドなどの落ち着いた色味の赤を選んだり、小物の数を減らしたり微調整をして効果的に赤を使っていきましょう。

 

 

 

キッチンに赤いインテリアを取り入れるには

赤い器が置かれたキッチンカウンター赤い色には食欲増進の効果もあることから、キッチンやダイニングに取り入れるのにおすすめなカラーです。トマトやパプリカなどの食材で彩りを添えると、料理が美味しそうに感じることにも通じていますね。

 

キッチンは、調理器具や食器などたくさんの小物を使う場所なので、赤いインテリアを取り入れやすい空間でもあります。見せる収納として、赤い鍋やケトルをあえて出しっぱなしにしたり、保存容器やカップをカウンターに並べたりするだけでも雰囲気が出ます。他にもふきんやミトン、鍋敷きなど、赤色のものを取り入れるチャンスはたくさんあります。

 

炊飯器やトースターなどの調理家電を赤色にするのも◎ 思い切って冷蔵庫を真っ赤なものにするのもおすすめです。キッチン収納の扉やダイニングチェアに赤いアイテムを選ぶのもセンスが光ります。

 

赤に合う色は何色?赤色インテリアの配色のコツ

赤とブラウンでコーディネートした部屋赤に合う色は、類似色のブラウン系のカラーや対照色の青色がパワーバランスを取りやすくおすすめです。白や黒は、赤のパワーとケンカせずに赤の鮮やかさを活かす配色となるので、ぜひ組み合わせてみてください。

 

大物家具や広い面積に赤色を取り入れる場合は、木材の色でもあるブラウンやベージュ、グレー・白・黒といった暗めの色や淡い色、無彩色と合わせると、大胆に取り入れた赤い色味を邪魔せずに活かしてくれます。特に、白は赤の鮮やかさを一番綺麗に見せてくれる色なので、おすすめの配色です。

 

赤色と対照的な性質を持つ青色は、寒色系で後退色に属しています。多用すると圧迫感を与えがちな赤い色と配色することで、興奮を沈め、抜け感のある雰囲気にまとめてくれます。

フランス国旗のトリコロールなどにもみられるように、おしゃれでバランスの良い人気の配色です。インテリアに用いる際は、赤色より量を減らし、ネイビーなど深みのある青色を選ぶと、赤の雰囲気を活かしつつシックにまとまりますよ。

 

おわりに

さまざまなテイストのインテリアに華とぬくもりを添えてくれる赤色は、分量と配色のバランスがコーディネート成功のカギを握ります。おしゃれな雰囲気だけでなく、心理的な効果も大きなカラーなので、適材適所に取り入れることで、心と体の健康もサポートしてくれるはずですよ。

寒さが深まる季節、ぬくもりのある赤色インテリアで素敵なひとときを過ごしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアコーディネートの知識を活かせる仕事って?

インテリアコーディネートの仕事といえば、インテリアコーディネーター。 しかしインテリアコーディネーターだけでなく、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナーなどなど・・・インテリアコーディネートの知識を活かせるお仕事はたくさんあります。 それぞれどんなお仕事なのか、チェックしてみましょう! > インテリアコーディネーター・空間デザイナーになるには > インテリアデザイナーになるには > 店舗デザイナーになるには > 家具デザイナーになるには
初心者が学ぶインテリアの学校! 開校以来23年連続インテリアコンテスト受賞の実績!
スペースデザインカレッジは東京・大阪・京都に教室を持つ20歳以上の「大人のためのインテリアデザイン専門の学校」です。 卒業後の就職までも完全サポート! インテリア業界に興味があるけど諦めていた社会人方にも多く入学いただいています。 資料請求・説明会も無料ですのでお気軽にお問い合わせください。
  インテリアのプロになりたい人必見!スペースデザインカレッジについて詳しくはこちら
The following two tabs change content below.
インテリアアーカイブスを運営するインテリアコーディネーター専門の学校スペースデザインカレッジの講師陣が編集局として最新のインテリア情報をお届けします!