職種?肩書き?様々な呼び名

インテリア・建築の事を少しご理解いただけたところで、最も質問が多い部分のお話をしたいと思います。

この業界では様々な肩書きを持つ方たちがお仕事をされています。
一般的に聞いた事があるものから、同じ仕事をしていても初めて聞く肩書きまで。
建築士・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・建築デザイナー・空間デザイナー・建築照明デザイナー・店舗デザイナー・・・等々
本当に覚えきれない位の肩書きが存在します。

さて、ではこの肩書は一体何を表しているのでしょうか?
この肩書が付くと仕事にどの様な変化が訪れるのか。それを今回はお話ししましょう。

〇建築士
一般的にはこの肩書が最も有名で、聞いた事があると思います。
この肩書を持つには国家試験の建築士試験に合格しなければなりません。
つまり、建築物の設計を行う場合は、この資格を持っていないと設計が出来ないわけです。
ただし、これが必要になるのは独立する時です。どこかの建築事務所に入る際に必要になることはありません。なぜなら、その際の設計者は事務所の社長さんになるからです。

〇インテリアコーディネーター
インテリアコーディネーターとは、社団法人インテリア産業協会が行っている、資格試験の名称です。
よくインテリアコーディネーターと言う職業が存在すると思われがちですが、それは資格の名称であり、仕事内容ではありません。
これはインテリアプランナーも同様に資格の名称なのです。

設計に資格が必要な建築士とは違い、内部空間の建築に関わらない部分の設計に関しては、インテリアコーディネーターなどの資格は必要なく、極端に言えば全くの初心者の方でも、空間をデザインすることが出来るのです。
勿論現場で必要な図面の読み書きやその他の技術的な能力は必要ですが。。。

〇その他の肩書き
上記の2つ以外にもまだまだ沢山の肩書きが存在します。ですが、そのほとんどが資格の名称、およびデザイナー本人が行っている仕事を表すための呼び名にしかすぎません。

空間デザイナーになりたい、インテリアデザイナーになりたいと言い分けたところで、実はその二つの仕事内容は同じなのです。
ですが、これら多くの肩書きがこの業界の中身をややこしくしている原因ではないでしょうか?
実はとっても単純で、どの肩書きの仕事も良い空間を作るという事に変わりはないのです。

次のトピックは、デザインという仕事を少し敷居が高く感じている方に見ていただきたい内容です。
デザインは才能で仕事をするものなのか。です。

>>デザインは才能でするものか<<

■カテゴリー一覧
資料請求