SPACE DESIGN COLLEGE “SPACE DESIGN“ スペースデザイン設計科
SPACE DESIGN COLLEGE
“SPACE DESIGN“
スペースデザイン設計科

スペースデザイン設計科

  • 東京・大阪・京都
  • 2年間

建築70%インテリア30%で
建築設計を主としたプロになるコース

2年制のスペースデザイン科は建築設計を主として、インテリアも含めた建築設計の全てを学びます。
幅広い教育内容で、就職先は「建築設計事務所」「ハウジングメーカー」「店舗デザイン事務所」
「インテリアコーディネート事務所」「リフォーム会社」「大手ゼネコン」等々、選択肢が広がります。

コース概要

学べる内容

  • 戸建て住宅設計
  • 集合住宅設計
  • 戸建て住宅リフォーム
  • 集合住宅リフォーム
  • 店舗デザイン(飲食・物販)
  • ディスプレイデザイン
  • 公共施設の設計
  • ホテルの設計
  • 家具デザイン
  • 照明デザイン

対象者

未経験者が対象です。
例外として建築専門学校、大学(建築学科)での勉強をされていた方、実務経験のある方がスペースデザイン設計科2年次への編入も可能です。

開催校

受講期間

2年間

日程

〇東京校(4月開講)
週3日(月・火・金)
3日間のうち2日は09:30-16:40、1日は09:30-12:40

〇京都校(4月開講)
週3日(火・木・金)
3日間のうち2日は09:30-16:40、1日は09:30-12:40

〇大阪校(4月開講)
週3日(水・木・金)
3日間のうち2日は09:30-16:40、1日は09:30-12:40

定員

各30名

コース詳細

カリキュラムは実務ベースで構築。
高い位置で仕事をするために、建築とインテリア、両方の専門知識、専門技術を2年間でバランスよく学んでいきます。
就職先は建築設計事務所、大手建設会社、大手ハウジングメーカー、店舗デザイン事務所等、様々です。

住宅設計

住宅設計

1年次は木造戸建て住宅の設計を通し、インテリアと建築の知識・技術を身に付けます。
課題は設計製図、模型等の製作からインテリア空間のデザインまで、トータルに要求されます。
2年次になると集合住宅(鉄筋コンクリート造)、狭小住宅(鉄骨造)などより具体的な構造や設備を始め様々部分で高いクオリティを求めていきます。
デザインのアイデアや表現力もより高い力を身に付けて頂きます。また、設計図書(図面)の描き方、模型の作り方、プレゼンテーションボードの作り方もしっかりマスターします。

インテリアコーディネーション

インテリアコーディネーション

設計技術だけでなくインテリアコーディネーションも取り組みます。
インテリアコーディネーションの課題は2種類あり、建築設計の課題を終えた後にその内部空間のインテリアを仕上げるものと、独立したリフォーム・リノベーションの課題によるインテリアコーディネーションの授業です。
どちらの課題も内部空間のインテリアエレメントを選定していき(床材・壁紙・天井材・家具・照明・設備機器…等々)ひとつの空間としてまとまったコーディネートと出来るように勉強していきます。

自分で設計したものは当然窓の位置や天井の高さ、空間の広さ等自由に変更できるので、色々なパターンが作れますが、リフォームやリノベーション等は既に存在する建築空間に対してどの様にインテリアをまとめるかが求められます。
この二つの「ある程度自由が利く空間」と「制限された空間」をデザインする手法を学び、能力を高めます。

店舗デザイン

店舗デザイン

カフェやアパレルショップ等の店舗デザインを学びます。
単にインテリアをデザインするのではなく、経営的に成り立つための採算計画に基づいた切り口の提案など実務的なレベルで計画を行います。
単なる店舗デザイナーに留まらない、総合力ある「店舗プロデューサー」を目指します。
2年次は複合的な商業施設、ホテルに併設する店舗等、規模の大きい課題に挑戦していき、店舗デザインのノウハウを身に付けます。

公共施設のデザイン

公共施設のデザイン

2年次になると住宅にとどまらず、ホテル、音楽ホール、公衆トイレ、交番などの公共施設の建築設計も学びます。 より高度な技術が身につく課題です。

パース・着彩技法

パース・着彩技法

2次元の図面では表現できない、完成予想図を3次元的な絵にして表現するのがパースです。
スケッチとは違い、法則に従って描いていきますので、絵が苦手な人でも立体的に形をとることが出来ます。
さらに、色合いや素材感を伝えるため、色鉛筆・絵の具・パステル・マーカー等で着彩をしていきます。

グラフィックデザイン・CAD・CG

グラフィックデザイン・CAD・CG

手描きの能力を高めるだけでは完璧とは言えません。
自分の能力を最大限に引き出す為の最後のお化粧がグラフィックデザインです。
主にパソコンを使い様々な事をしていきます。
CADはパソコンで図面を描くためのソフトですが、更にCG(コンピューターグラフィック)の制作まで出来るようになります。
Photoshop/Illustratorを使ったデジタルスキルも勿論学びます。仕上げの提案書をより美しくする為の技術を学び全ての能力を手に入れる内容です。




スペースデザイン設計科の在校生