SDC

家具デザイナーになるには【年収・資格等】

家具デザイナーになるには

家具デザイナーのシゴト

家具デザイナーは家具を創造しデザインする職業です。自分で造る場合もありますが、多くは家具の図面を描きそれを職人さんに作ってもらいます。家具のデザインをするうえで必要な能力はインテリア空間のデザインと同じく、図面やスケッチなどの基礎的な技能が最初に求められます。

家具デザイナーに求められる能力

家具デザイナーになるには、上記でも挙げたとおりデザインの基礎的な技術・知識が必要となります。
まずは、何かを創造する為に必要な造形能力。物体の成り立ちや、形の美しさを見極める能力が必要になります。
次に、創造したものを立体物として表現する為の、スケッチ・CG等の専門スキル。ここで自分の創造した物が実際どの様に見えるのかを確かめます。
そして、最後にそれを図面に仕上げていきます。建築・インテリア図面とはまた違う家具図と呼ばれるものを描き上げていきます。家具の専門学校でなくとも、きちんと空間デザインを学ぶ過程で勉強していきます。

年収ってどれくらい?

今回家具デザイナーの年収をプロダクトデザイン事務所に勤めて、家具のデザインを行う場合を想定して出しています。それ以外にも様々な形が有り、一概にお伝えしにくい部分ではございますが、ここで記載する年収は平均的な年収とお考えください。

1年目=200万円~250万円
5年目=250万円~350万円
10年目=400万円~700万円

それ以外にも、独立をされてご自分で会社を持たれれば年収はこの限りでは無いでしょう。

家具デザイナーに関する資格・検定

家具デザイン業務にはインテリアコーディネーター資格で求められる家具の歴史やデザインの知識やスキル。福祉住環境コーディネーター資格で求められる福祉の観点から見た家具の知識が必要となります。
どちらの資格難易度も低くはなく、合格率も専門の勉強をしている人たちでさえ受かるとは限らない試験です。ですが、間接的に家具のデザインにはかかわってくる勉強を出来る為、より良い評価を得るためには役立つでしょう。関連する資格の取得は、必ず必要と言う事はありませんが能力を証明する上でも重要な役割を果たしてくれるでしょう。

叶える職業・叶えるシゴト一覧
インテリアコーディネーター・空間デザイナーになるにはインテリアプランナー・デザイナーになるには店舗デザイナーになるには|家具デザイナーになるには|インテリアスタイリストになるにはディスプレイデザイナーになるにはインテリアアドバイザーになるには建築家になるには照明デザイナーになるには


学校案内
東京校MAP
「池袋」駅東口より徒歩3分
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル6F
TEL : 03-5952-0452
E-Mail : tokyo@space-design.co.jp
京都校MAP
「烏丸」・「四条」駅21番出口より徒歩3分
〒604-8152
京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町650
四条烏丸スタービル8F
TEL : 075-253-1561
E-Mail : sdc-k@space-design.co.jp
大阪校MAP
「淀屋橋」駅①番出口より徒歩5分
〒530-0047 大阪市北区西天満2-8-1
大江ビルヂング203・204
TEL : 06-6365-0017
E-Mail : sdc-o@space-design.co.jp
SDC ParisMAP
ADDRESS : 13,Rue Boursault 75017 Paris France
E-Mail : an.fr@space-design.co.jp
PAGE TOP