SDC

インテリアコーディネーター・空間デザイナーになるには【年収・資格等】

インテリアコーディネーター・空間デザイナーになるには

インテリアコーディネーター・空間デザイナーのシゴト

インテリアコーディネーター・空間デザイナーは、空間のコーディネート、またはインテリアエレメント(家具・照明・壁紙・ファブリックなど)をお客様と一緒に検討し、空間のデザインに対して適切なものをアドバイスしていきます。
建築的な設計部分を担当する事も多く、空間を創造するプロと言えるでしょう。

具体的には、住宅であればリフォームやリノベーションは勿論、新築の内装空間(インテリア)、商業施設であれば店舗やオフィスのデザインを行います。
依頼主の要望に沿って、空間のレイアウト・キッチンやトイレや浴室などの設備を選んだり、床の素材・壁の素材、家具や照明、カーテンなどのファブリックからインテリア小物まで空間に関するすべてを専門家としてアドバイスし設計していきます。

色々なインテリア素材を選んでいくと、デザイナーの頭の中では空間がイメージ出来ていても、依頼主はゴチャゴチャになってしまいどんな空間になるのか混乱してしまうため、それらをビジュアルとして見せられるものを用意します。
インテリアコーディネーター・空間デザイナーによって表現手法は様々ですが、例えば「インテリアパース」と呼ばれる空間のイメージスケッチを描いたりします。

インテリアパース <スペースデザインカレッジ学生 インテリアパース作品>

上記の様な丁寧に描いたインテリアパースだけでなく、打ち合わせをしながら描いていくスケッチパースもあります。

スケッチパース <スペースデザインカレッジ学生 スケッチパース作品>

もちろんインテリアコーディネーターでも空間デザイナーでも全員このような「絵」を描ける訳ではありません。苦手とする人もいますので、それ以外にも「模型」と呼ばれる、空間のプラモデルを作る方もいらっしゃいます。

模型 <スペースデザインカレッジ学生 住宅模型作品>

近年ではパソコンの性能やソフトの性能も良くなり、パソコンでCG(コンピューターグラフィック)を描いて依頼主に提案することもあります。

CG

ゆくゆくは、独立して自分の会社でインテリアの仕事をやりたいという気持ちがある方は、何かしらの 伝える 技術は必要になります。

また、インテリアのエレメントを選ぶだけではなく、それらを工事・設置してもらう職人さんに、デザインの意図を理解し空間を造ってもらうための図面(設計図)を描いたりもします。

インテリアコーディネーターと言っても、様々な仕事内容があり、全て自分でこなす方もいれば、部分的に担当する方もいたりと、業務は幅広いものになります。


インテリアコーディネーター・空間デザイナーに求められる能力

インテリアコーディネーター・空間デザイナーにはインテリアに関する豊富な知識と経験が求められます。
インテリアに関する知識は素材・商品・販売店から形状や使い心地まで。様々な質問、相談を適切にこたえなければなりません。また、建築的な技能も必要で、現代ではその双方を併せて空間をデザインする能力が求められます。

インターネットが普及し、1つの物事に精通したプロや専門家でなくとも手軽に欲しい情報を手に入れる事が出来るようになりました。お客様も自分のお金で空間を造るので、とても熱心に勉強をしてこられます。それに対してインテリアコーディネーターや空間デザイナーはそれらの要望に適切に応え、より具体的で納得のいく提案をしていかなければなりません。

また、年齢も重要なポイントです。例えば年齢の若いコーディネーター・デザイナーだけで伺えば、お客様はそんなに経験豊富に見えないけど大丈夫だろうか。(住宅であれば子育てや家事など、店舗やオフィスであれば件数)と心配されます。勿論それを覆せるほどに勉強や経験をしているわけですが、若い方よりも年齢が高い方のほうがお客様は安心して任せてくれます。インテリアコーディネーター・空間デザイナーに求められる能力はインテリアに関する知識は勿論ですが、重ねてきた人生経験も武器になる業界です。

特に重要な能力は、コミュニケーションスキルです。
コーディネート業務は人とのやり取りでしか先に進みません。依頼主であるお客様とのコミュニケーションは勿論のこと、インテリアメーカーの方や現場の職人さん等を含めれば、小規模なコーディネートやデザインでも何人もの人たちと話し合い、相談し、進めていく仕事です。
センスや才能を気にされる方が多くいらっしゃいますが、経験豊富なコーディネーターやデザイナーになるほど、そんなものより、人間関係を築くための入口である礼儀やマナーが大事と仰います。

その為、経験は仕事をしながら積み重ねていくしか方法はありませんが、知識に関しては本やネットに書いてある様な誰でも手に入るものではなく、ケース毎に対応できる様なしっかりした知識を専門学校や大学などの学校教育で学んで基礎をしっかり固めておく事が求められます。

年収ってどれくらい?

インテリアコーディネーター・空間デザイナーの年収は能力によりかなり差が有る仕事です。どれだけ仕事をこなせるか、任せられるかで年収は大きく変わってきます。部分的で簡単なものであればアルバイトの様な金額もありますし、ひとりで多くの業務をこなせるようになれば年齢に対する平均年収を大きく上回ることも夢ではありません。
ここで記載する年収はインテリアコーディネーター・空間デザイナー平均的な年収とお考えください。

1年目=200万円~250万円
5年目=250万円~500万円
10年目=350万円~1000万円以上

それ以外にも、独立をされてご自分で会社を持たれれば年収はこの限りでは無いでしょう。

インテリアコーディネーター・空間デザイナーに関する資格・検定

インテリアコーディネート業務にはインテリアコーディネーター資格で求められる幅広いインテリアへの知識。
福祉住環境コーディネーター資格で求められる福祉という観点の空間デザイン知識。など関連する資格で持っていて損をすることが有るものは有りません。
どれを取っておいた方が良いか。等も質問されますが、どれが必要なのではなく、自分がどの様な仕事をしたいからこの資格を取ると言う方が多いです。
ただし、資格はあくまでも自分の役割・能力を証明する証明書の様なものです。
インテリアコーディネート・空間デザインの業務をする上で必ずしも無ければならない。という事では有りません。
資格は無くとも、大きなお仕事をされているコーディネーター・デザイナーは沢山います。あくまで資格はインテリアの入口として考えておく程度が良いでしょう。

叶える職業・叶えるシゴト一覧
インテリアコーディネーター・空間デザイナーになるには|インテリアプランナー・デザイナーになるには店舗デザイナーになるには家具デザイナーになるにはインテリアスタイリストになるにはディスプレイデザイナーになるにはインテリアアドバイザーになるには建築家になるには照明デザイナーになるには


学校案内
東京校MAP
「池袋」駅東口より徒歩3分
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル6F
TEL : 03-5952-0452
E-Mail : tokyo@space-design.co.jp
京都校MAP
「烏丸」・「四条」駅21番出口より徒歩3分
〒604-8152
京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町650
四条烏丸スタービル8F
TEL : 075-253-1561
E-Mail : sdc-k@space-design.co.jp
大阪校MAP
「淀屋橋」駅①番出口より徒歩5分
〒530-0047 大阪市北区西天満2-8-1
大江ビルヂング203・204
TEL : 06-6365-0017
E-Mail : sdc-o@space-design.co.jp
SDC ParisMAP
ADDRESS : 13,Rue Boursault 75017 Paris France
E-Mail : an.fr@space-design.co.jp
PAGE TOP