SDC

インテリアコーディネーター・空間デザイナーになるには【年収・資格等】

インテリアコーディネーター・空間デザイナーのシゴト

インテリアコーディネーター・空間デザイナーは、空間のコーディネート、またはインテリアエレメント(家具・照明・壁紙・ファブリックなど)をお客様と一緒に検討し、空間のデザインに対して適切なものをアドバイスしていきます。
建築的な設計部分を担当する事も多く、空間を創造するプロと言えるでしょう。

具体的には、住宅であればリフォームやリノベーションは勿論、新築の内装空間(インテリア)、商業施設であれば店舗やオフィスのデザインを行います。
依頼主の要望に沿って、空間のレイアウト・キッチンやトイレや浴室などの設備を選んだり、床の素材・壁の素材、家具や照明、カーテンなどのファブリックからインテリア小物まで空間に関するすべてを専門家としてアドバイスし設計していきます。

色々なインテリア素材を選んでいくと、デザイナーの頭の中では空間がイメージ出来ていても、依頼主はゴチャゴチャになってしまいどんな空間になるのか混乱してしまうため、それらをビジュアルとして見せられるものを用意します。
インテリアコーディネーター・空間デザイナーによって表現手法は様々ですが、例えば「インテリアパース」と呼ばれる空間のイメージスケッチを描いたりします。

インテリアパース <スペースデザインカレッジ学生 インテリアパース作品>

上記の様な丁寧に描いたインテリアパースだけでなく、打ち合わせをしながら描いていくスケッチパースもあります。

スケッチパース <スペースデザインカレッジ学生 スケッチパース作品>

もちろんインテリアコーディネーターでも空間デザイナーでも全員このような「絵」を描ける訳ではありません。苦手とする人もいますので、それ以外にも「模型」と呼ばれる、空間のプラモデルを作る方もいらっしゃいます。

模型 <スペースデザインカレッジ学生 住宅模型作品>

近年ではパソコンの性能やソフトの性能も良くなり、パソコンでCG(コンピューターグラフィック)を描いて依頼主に提案することもあります。

CG

ゆくゆくは、独立して自分の会社でインテリアの仕事をやりたいという気持ちがある方は、何かしらの 伝える 技術は必要になります。

また、インテリアのエレメントを選ぶだけではなく、それらを工事・設置してもらう職人さんに、デザインの意図を理解し空間を造ってもらうための図面(設計図)を描いたりもします。

インテリアコーディネーターと言っても、様々な仕事内容があり、全て自分でこなす方もいれば、部分的に担当する方もいたりと、業務は幅広いものになります。


インテリアコーディネーター・空間デザイナーに求められる能力

インテリアコーディネーター・空間デザイナーにはインテリアに関する豊富な知識と経験が求められます。
インテリアに関する知識は素材・商品・販売店から形状や使い心地まで。様々な質問、相談を適切にこたえなければなりません。また、建築的な技能も必要で、現代ではその双方を併せて空間をデザインする能力が求められます。

インターネットが普及し、1つの物事に精通したプロや専門家でなくとも手軽に欲しい情報を手に入れる事が出来るようになりました。お客様も自分のお金で空間を造るので、とても熱心に勉強をしてこられます。それに対してインテリアコーディネーターや空間デザイナーはそれらの要望に適切に応え、より具体的で納得のいく提案をしていかなければなりません。

また、年齢も重要なポイントです。例えば年齢の若いコーディネーター・デザイナーだけで伺えば、お客様はそんなに経験豊富に見えないけど大丈夫だろうか。(住宅であれば子育てや家事など、店舗やオフィスであれば件数)と心配されます。勿論それを覆せるほどに勉強や経験をしているわけですが、若い方よりも年齢が高い方のほうがお客様は安心して任せてくれます。インテリアコーディネーター・空間デザイナーに求められる能力はインテリアに関する知識は勿論ですが、重ねてきた人生経験も武器になる業界です。

特に重要な能力は、コミュニケーションスキルです。
コーディネート業務は人とのやり取りでしか先に進みません。依頼主であるお客様とのコミュニケーションは勿論のこと、インテリアメーカーの方や現場の職人さん等を含めれば、小規模なコーディネートやデザインでも何人もの人たちと話し合い、相談し、進めていく仕事です。
センスや才能を気にされる方が多くいらっしゃいますが、経験豊富なコーディネーターやデザイナーになるほど、そんなものより、人間関係を築くための入口である礼儀やマナーが大事と仰います。

その為、経験は仕事をしながら積み重ねていくしか方法はありませんが、知識に関しては本やネットに書いてある様な誰でも手に入るものではなく、ケース毎に対応できる様なしっかりした知識を専門学校や大学などの学校教育で学んで基礎をしっかり固めておく事が求められます。

年収ってどれくらい?

インテリアコーディネーター・空間デザイナーの年収は能力によりかなり差が有る仕事です。どれだけ仕事をこなせるか、任せられるかで年収は大きく変わってきます。部分的で簡単なものであればアルバイトの様な金額もありますし、ひとりで多くの業務をこなせるようになれば年齢に対する平均年収を大きく上回ることも夢ではありません。
ここで記載する年収はインテリアコーディネーター・空間デザイナー平均的な年収とお考えください。

1年目=200万円~250万円
5年目=250万円~500万円
10年目=350万円~1000万円以上

それ以外にも、独立をされてご自分で会社を持たれれば年収はこの限りでは無いでしょう。

インテリアコーディネーター・空間デザイナーに関する資格・検定

インテリアコーディネート業務にはインテリアコーディネーター資格で求められる幅広いインテリアへの知識。
福祉住環境コーディネーター資格で求められる福祉という観点の空間デザイン知識。など関連する資格で持っていて損をすることが有るものは有りません。
どれを取っておいた方が良いか。等も質問されますが、どれが必要なのではなく、自分がどの様な仕事をしたいからこの資格を取ると言う方が多いです。
ただし、資格はあくまでも自分の役割・能力を証明する証明書の様なものです。
インテリアコーディネート・空間デザインの業務をする上で必ずしも無ければならない。という事では有りません。
資格は無くとも、大きなお仕事をされているコーディネーター・デザイナーは沢山います。あくまで資格はインテリアの入口として考えておく程度が良いでしょう。


就職してからSDCの勉強が実務レベルでやっていたんだな。と分かった。
インテリアコーディネーター研究科卒業 平林さん
学生の時は実務で通用するのかな。と不安になることもありましたが、就職してからこの学校でやってきた勉強がどれも高いレベルの授業だったんだな。と気付かされました。
いまでは自分でデザイン・コーディネートを担当させて貰えているのも、学校の勉強があったからこそだと思います。
学校の先生方は皆さん現役のデザイナーですが、本当に面倒見が良くて、夜通しでも課題に付き合ってくれたり、自信を失いかけている時「自分たちもそうだった。少しずつでも良いから諦めずにやれば良い。」と励ましてくれました。
いま改めて、スペースデザインカレッジにで学べたことを誇りに感じています。

インテリアコーディネーターに働きながらなるには

インテリアコーディネーターとして別の仕事をしながらなるにはインテリアコーディネーターの資格を取得するのが近道です。
もちろん資格を取るだけでは即仕事という事は難しいですが、インテリア業界への転職方法としては時間は掛かりますがリスクが少ない方法だと考えられます。
インテリアコーディネーターの資格は独学で取得することも可能です。初めて受ける場合は1発合格はかなり厳しいですが、2~3年受験をすれば受かる方が多いです。

ただ多くの方は働きながら2~3年勉強を続けることは難しい場合も多く、学校に通う方が効率は良いとされています。
学校も多種多様な学びが有り、通信教育で取得を目指す方法と通学で目指す方法の大きく2種類に分かれます。通信教育はどちらかというと、独学の延長線にあるものなので、やはり根気が求められます。通学の場合は費用的に高くなりますが一緒に学べる環境があるので、モチベーションを保ちやすいと考えられます。
ただし、働きながらの前提は変わらないので、なるべくご自分の状況に対応できるコース(休日・夜間)で学ぶのが良いでしょう。

また、資格取得後の転職を有利にするためには資格とは違う、実践的な勉強を出来ると転職に有利です。
転職後にインテリアコーディネーターとしての活躍をするチャンスを早期に得るためにも実践的な勉強はしておいた方が良いでしょう。

インテリアコーディネーターに未経験からなるには

インテリアコーディネーターは未経験で転職する人も少なくない業種です。
インテリア関連の知識が元々無くても、会社で営業や事務を経験しながらインテリアの基礎を学んでいくことを出来るという会社もあります。
そういった企業の場合は、インテリアコーディネーターとして仕事をする条件として資格は最低限必要という所が近年増えています。
その様な会社の多くは、インテリアコーディネーターとしてお客様と打ち合わせをし、インテリアエレメントの選定を行う役割につくことが多く、デザイン・コーディネーションの一部を担う事が多いです。

未経験から営業や事務などを飛ばしてインテリアコーディネーターとしてコーディネーションを行いたいという場合は、資格だけではなく学校で実践的な勉強をして就職・転職されるのが良いでしょう。

インテリアコーディネーターの就職先

インテリアコーディネーターは住宅関連業界が就職先として多いですが、それ以外にも様々な職場で活躍することが出来ます。主な就職先と仕事内容を紹介します。

〇住宅・建築・設計系
インテリアのコーディネートを含め間取りや使い勝手など用途に応じた提案を考える。
<就職先例>
住宅メーカー / 店舗デザイン会社 / 不動産会社 / リフォーム会社 / 設計・デザイン事務所 / 工務店
インテリアメーカー / ディスプレイデザイン会社・・・等

〇設備・建材系
インテリア空間に関連する設備を扱う会社、自社製品を含めてインテリアコーディネートの提案を行う場合もある。
<就職先例>
設備建材メーカー / 照明メーカー / 家具メーカー・・・等

〇インテリア販売系
インテリアに関わる、設備・家具・小物などの販売を主とする。販売する内容によってはコーディネートの提案や仕上素材の提案(家具張地の提案や設備素材の提案)などを行う場合もある。
インテリアメーカー / デパート / インテリアショップ / 家具ショップ / 雑貨店・・・等

インテリアコーディネーターの将来性

インテリアコーディネーターは今後どの程度必要とされていくのでしょうか。
色々な観点からインテリアコーディネーターの将来性について検討してみました。

〇リノベーションやリフォームの仕事が多くあり、必然的に空間をデザインするインテリアコーディネーターのニーズが高まっている。
〇高齢化社会の影響で既存の住宅などに対する使い勝手の不満や病院・介護施設などでの需要が増えている。
〇DIYが一般的に根付いていたり、海外の大手インテリアショップの台頭などによりユーザーがインテリアを身近な存在と捉えるようになっている。
〇情報の入手経路が多様化してインテリアに関する相談などをしやすい時代になった。

など、昔は有る程度生活に余裕のある方がインテリアコーディネートなどを求める傾向にありました。
現在は上記の様な時代背景もあり一般的で身近なものになった為、需要は多くあります。
今後も一部企業などでは認知されているオフィス空間をデザインするなど、働きやすい環境などが求められてきています。
そういった場所にもインテリアコーディネーターの活躍の場は更に広がっていくと考えられています。

インテリアコーディネーターのやりがい

インテリアコーディネーターのやりがいはどんなことでしょうか。
実際にインテリアコーディネーターさんから集めたやりがいの部分を掲載いたします。

〇自分のイメージを作り上げていく・形にしていく楽しさがある。
0から空間を考えていくにあたり、使い勝手や快適性はもちろんお客様のライフスタイルや趣味、店舗で有ればお店のコンセプトなどを踏まえ考えていく楽しさ。それらが少しずつ形になっていくのを見ていけることが一番のやりがいと感じます。(個人事務所代表インテリアコーディネーター)

〇自分の提案したものがまとまっていき、出来上がりを現場で見た時の満足感。更にお客様がそれらを喜んでもらえた時は本当に一生懸命やって良かったと感じる。(大手ハウスメーカー勤務インテリアコーディネーター)

〇勤務年数が長くなるほど、提案力やスキルが身についていき自身の成長を実感しやすい。(老舗工務店勤務インテリアコーディネーター)

〇お客様に信頼され、喜んで貰えた時の達成感。その時のお客様がご友人などを信頼できる存在として紹介をして頂けた時。(設計事務所勤務インテリアコーディネーター)

インテリアコーディネーターの苦労

どんな仕事でも良いことばかりではありません。インテリアコーディネーターにも大変な部分は当然あります。
実際にインテリアコーディネーターさんから集めた苦労の部分を掲載いたします。

〇基本的に土日はお客様と打ち合わせになることが多く、休日が平日になる場合が多い。(大手ハウスメーカー勤務インテリアコーディネーター)

〇お客様の予定にあわせて仕事をするため、不規則な勤務時間になることが多い。(店舗デザイン事務所勤務インテリアコーディネーター)

〇壁紙や家具など決定で悩まれてしまうお客様の場合、スケジュールが管理が難しく、急かすわけにもいかないので、予定に間に合うのかなど心配になる。(設計事務所勤務インテリアコーディネーター)

〇お客様・現場、社内などの連携が重要だが、どこかとコミュニケーションが上手く取れないだけで、スムーズに進まなくなったりする。(大手ハウスメーカー勤務インテリアコーディネーター)

関連資格

照明コンサルタント資格 カラーコーディネーター資格エクステリアプランナー資格

オススメのコース

リノベーション科インテリアコーディネーター科

叶える職業・叶えるシゴト一覧
インテリアコーディネーター・空間デザイナーになるには|インテリアデザイナーになるには店舗デザイナーになるには家具デザイナーになるにはインテリアスタイリストになるにはディスプレイデザイナーになるにはインテリアアドバイザーになるには建築家になるには照明デザイナーになるにはインテリアプランナーになるには

学校案内
東京校MAP
「池袋」駅東口より徒歩3分
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル6F
TEL : 03-5952-0452
E-Mail : tokyo@space-design.co.jp
京都校MAP
「烏丸」・「四条」駅21番出口より徒歩3分
〒604-8152
京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町650
四条烏丸スタービル8F
TEL : 075-253-1561
E-Mail : sdc-k@space-design.co.jp
大阪校MAP
「淀屋橋」駅①番出口より徒歩5分
〒530-0047 大阪市北区西天満2-8-1
大江ビルヂング203・204
TEL : 06-6365-0017
E-Mail : sdc-o@space-design.co.jp
PAGE TOP