1. トップ
  2. インテリア専門学校では伝えきれないインテリアの世界
  3. インテリアデザイナー資格のメリット

EXPERTISE

インテリアデザイナー資格のメリット

インテリアデザイナー資格

インテリアデザイナー資格のメリット

インテリア専門学校では伝えきれないインテリアの世界

インテリアの世界には専門学校だけでは伝えきれない様々な世界があります。ここではそんなインテリアの世界についてご紹介いたします。

インテリアデザイナー資格のメリット

インテリアデザイナー資格のメリットについて

インテリアデザイナー資格のメリット

インテリアデザイナーとは、一般住宅や商業空間のデザインに携わる職種を指します。インテリアの専門学校などで基本的な知識を学び、卒業後は建築会社やデザイン事務所で経験を積みます。
インテリアデザイナーには自ら学び続ける姿勢が求められることから、インテリアデザインに関する資格を自主的に取得するインテリアデザイナーも少なくありません。
そこで今回は、インテリアデザイナーになるために資格を取得するメリットをご紹介します。

インテリアデザイナーになるための資格

インテリアデザイナーになるための特別な資格はありませんが、インテリアコーディネーターやインテリアプランナーなどの資格を有するインテリアデザイナーは少なくありません。また、インテリアデザイナーの中には国家資格である一級建築士資格を取得している人もいます。

資格取得のメリット

大規模で個性的な室内空間を演出するイメージから、インテリアの勉強をしている人の中にはインテリアデザイナーにあこがれを持つ人も多いでしょう。
インテリアデザイナーは天才肌と呼ばれる人向けの職種であると思われがちですが、インテリアデザインは多くの人が生活する空間を預かる責任ある仕事。感性だけでなく、体系的な理論に基づいて確実に仕事を進める能力が大切です。

インテリアデザイナーのミッションは、クライアントの用途や目的に合わせて空間をデザインすることです。良いデザインを生み出すためには、建築理論や空間に関する知識を身に付ける他、クライアントからの信頼を得ることが重要。資格取得はそうした知識や信頼の獲得に対してプラスに働きます

ぜひ取得したい!インテリアコーディネーター資格

ぜひ取得したい!インテリアコーディネーター資格

インテリアを学ぶ人から人気が高い資格といえば、やはりインテリアコーディネーターです。
職種としてのインテリアコーディネーターは、室内空間のデザインを手掛けることが多いとされています。主に個人のクライアントと面談をして、要望を形にしていきます。
一方、よりデザイン性を持った商業向けの空間を演出する仕事がインテリアデザイナーです。ビルのエントランスやオフィス、ショッピングモールなど大型施設などのデザインが思い浮かぶでしょう。
インテリアコーディネーターとインテリアデザイナーは異なる職種ですが、インテリアデザイナーの中には、インテリアコーディネーターの資格を持っている方が少なくありません。
設計図に基づいてクライアントに見せる図面を書いたり、家具の手配をしたりすることもインテリアデザインには必要な仕事です。インテリアコーディネーターの資格を取る際に、このような実践的な知識を学べるメリットがあります。

信頼度が大幅アップ!建築士資格

信頼度が大幅アップ!建築士資格

将来、インテリアデザイナーとして独立することを考える人もいるでしょう。そんな人に取得をおすすめしたいのが国家資格である建築士資格です。

インテリアデザイナーになるといっても、すぐに独立できるケースはまれです。建築会社やインテリアデザイン事務所で下積みをするケースが一般的でしょう。
実務の傍ら勉強を続け、狭き門を突破して一級建築士となれば、クライアントからの信頼度が大幅にアップするだけでなく、仕事の幅も大きく広げることができます。
一級建築士の取得が難しいという場合は、二級建築士の取得を目指しましょう。

おわりに

何の資格も持たずに自分の感性だけを武器にインテリアデザイナーとして活躍できる人はごくわずかです。資格は体系的な知識の証明になるため、就職や転職の際にも有利。インテリアコーディネーター資格や建築士資格を持つことによって、インテリアデザイナーの仕事の幅はぐんと広がります。どのような建築物のインテリアをデザインしたいのかを明確にした上で、計画的に資格取得を進めましょう。

関連する資格

オススメのコース

関連する職種

入学案内

2022年4月生 一般入学願書受付開始

詳しくはこちら