学校方針

人生は変えていける

どんな環境でも「好き」な気持ちを持っていれば
必ずプロになれる。

一番の近道は自分を信じて進むこと。

入学資格20歳以上のインテリア・建築の学校
スペースデザインカレッジには
あなたをプロに育て上げる「環境」と「方法」があります。

プロのインテリア・建築デザイナーに必要なこと

プロとして仕事をするための方法は単純です。

「技術力」「知識力」「人間力」この3つをどこまでしっかりと学べるかです。
スペースデザインカレッジは社会人教育の場として20年以上、多くの学生を育ててきました。

「デザインで生きていく」
その為に必要なことは惜しみなく注ぎ、自信を持って社会に飛び立ってもらう。
他にはない教育で高い評価を得ています。

入学資格が20歳以上である理由

入学資格を設ける理由、デザインは「年齢と人生経験を活かせる仕事」と考え、
10代を受け入れる学校は多くあれど本当に大人が学びやすい学校は多くありません。

幅広い年代の学生が真剣に学べる学校それが
スペースデザインカレッジです。

全校で「20代」から「50代」の様々な環境の学生が新しい
「人生」を歩むため日々切磋琢磨しています。

所長メッセージ

所長画像

所長 大木 淳 JUN OKI

「人生は変えていける」

今の仕事を続けようか?でも何か物足りない。
大学で学んだことが職業と直結しない。進路を間違ったんだろうか?
10代の頃、もっと勉強しておけばよかったという後悔。
頭の中のどこかにある「好きなことを仕事にしたい」という気持ち。

皆さんは現状の何かに疑問を持ち、自分の生きる道は何か?と考えていることでしょう。
何年か先に人生を振り返り、あの時やっておけばよかったと、また後悔するのでしょうか。

あと何年働くのか考えてみてください。多くの方は5年や10年といった短いスパンでは無いはずです。これから20年、30年、40年と働くのであれば、今始めても遅くはありません。

人生を変えるには少しの勇気と行動力です。

SDCの組織について

産学協同プロジェクトにご協力頂いている企業様

(順不同)(敬称略)

関連団体