1. トップ
  2. インテリア専門学校では伝えきれないインテリアの世界
  3. ディスプレイデザイナーの仕事と活躍業界

EXPERTISE

ディスプレイデザイナーの仕事と活躍業界

ディスプレイデザイナー

ディスプレイデザイナーの仕事と活躍業界

インテリア専門学校では伝えきれないインテリアの世界

インテリアの世界には専門学校だけでは伝えきれない様々な世界があります。ここではそんなインテリアの世界についてご紹介いたします。

ディスプレイデザイナーの仕事と活躍業界

ディスプレイデザイナーの活躍業界

ディスプレイデザイナーの活躍業界

インテリア業界の職業には、インテリアコーディネーターやインテリアデザイナーなどの比較的有名な職業以外にも、ディスプレイデザイナーという職業があります。
これらの職業に求められるのは、商業施設のショーウインドウなど、限られた空間の中で商品や展示物の良さを最大限にアピールすることにあります。具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか。
今回は、ディスプレイデザイナーの仕事内容と活躍業界、求められるスキルをご紹介します。

ディスプレイデザイナーの仕事

ディスプレイデザイナーの仕事

ディスプレイデザイナーやウインドウデコレーターは、クライアントが定めるテーマやニーズに沿って売り場スペースをデザインし、商品や展示物を引き立てて魅力ある空間を演出するのが主な仕事です。
ファッションから生活雑貨、季節感の演出などによって私たちの感性に訴える仕掛け作りが重要なため、空間のデザイン・設計だけでなく、小道具や照明などの選定・制作や実際の設営現場に参加するなど、仕事内容は実に多彩です。

仕事のクオリティの高さによって店舗の売り上げが左右されることもあるため、クライアントからの需要も拡大しており、ディスプレイの注目度はますます強まる傾向にあります。
また、ディスプレイ作業は店舗の営業時間終了後に行うため、仕事が深夜にまで及ぶケースも少なくありません。そのため、体力やバイタリティーも必要な仕事です。

広範囲にわたる活躍の場

広範囲にわたる活躍の場

ディスプレイデザイナーが活躍できる場は、商業施設のショーウインドウの他、デパートや美術館の展示会、モーターショーなどのイベント会場やテーマパークの飾りつけまで広範囲にわたります。
特に、ここ数年は全国に大型商業施設が続々とオープンしており、ファッションだけではなく、フード、コスメ、インテリアなど多くのジャンルで活躍できるチャンスが広がっています。

また、最近では海外のブランドやセレクトショップが相次いで上陸し、全国各地へ店舗網を広げています。特に外資系のショップはブランドイメージを大切にし、商品のみならずディスプレイを含めた細部にまで一貫したこだわりを持っています。今後、クオリティの高い仕事を手掛けられるディスプレイデザイナーに対する需要はますます高まっていくのではないでしょうか。

ディスプレイデザイナーに求められるスキル

ディスプレイデザイナーの醍醐味の1つとして、自分の感性を活かして創造的なデザインを生み出し、周りの人に感動を与えられることが挙げられます。
そのため、この仕事を志望する方は「ディスプレイが好き」という強い思いを持っていることが何よりも一番に求められます。
好奇心が強く、美的センスや流行に対するアンテナを常に張りながら何事にもチャレンジするという、バイタリティーあふれる行動力も重要なスキルの1つです。
また、クライアントとは何度も打ち合わせを重ねてイメージを作り、それを具体化させていく必要があります。考案したデザインをプレゼン資料としてまとめる企画力・デザイン力・図面力や訴求性のある提案力が求められるでしょう。

こうしたプレゼン資料作成のスキルは独学で磨くことも可能ですが、現実にはプロとして通用するレベルまで到達するには相当の時間がかかります。 そのため、限られた時間でプロとして働く上での必要な知識や技術をしっかり身につけるためには、専門の学校で効率よく学ぶことが一番の近道だといえるでしょう。

おわりに

ディスプレイデザインという仕事は、道行く人の目を引きつけ、商品やブランドの魅力を効果的にアピールする必要があります。目を配るべきことが多いため、インテリアの他、カラーコーディネート、空間コーディネートの仕事領域ともシームレスに行き来できる知識を得て、仕事に幅と深みを持たせることをおすすめします。多くの方に感動を与えられる独創的なディスプレイを生み出しましょう。

関連する資格

オススメのコース

関連する職種

入学案内

2022年4月生 一般入学願書受付開始

詳しくはこちら