1. トップ
  2. インテリア業界の資格アレコレ
  3. リビングスタイリスト資格試験

LIVING STYLIST

リビングスタイリスト資格試験

リビングスタイリスト

リビングスタイリスト資格試験

インテリア業界の資格について

インテリアコーディネーターを含め、インテリア業界における資格は多岐にわたります。
ここではインテリア業界で役立つ、また必要となる資格にはどのようなものがあるか紹介します。

リビングスタイリスト資格試験

リビングスタイリスト資格試験の概要

リビングスタイリストの資格は一般社団法人日本ライフスタイル協会が主催している資格の名称です。
この資格は2級と1級の2種類に分かれておりどちらもインテリア販売などを行う際により適切なアドバイスが出来るようになるための資格になります。 資格の概要は下記になります。
インテリアをはじめとする住生活商品を扱う業界において、多様化するお客様のニーズに対応するためには、幅広い知識とそれを支える接客スキルが重要なポイントとなります。リビングスタイリストは、そんな販売の現場において十分な技術を身につけた「リテールセールス(接客販売)のプロ」として活躍しています。 リビングスタイリストは、店頭で商品の魅力を説明するだけではなく、お客様のライフスタイルを把握し、最も適切な提案を行う能力を持っています。そのため、高い顧客満足度を実現する人材として、現在、流通業界から大変注目を集めております。 リビングスタイリストは、住生活商品を扱う方にはもちろん、流通の現場で働く方や、コミュニケーション能力・ビジネスマナーを身に付けたい学生の方など、様々な方に最適な資格です。

一次試験

試験日 2級 年2回の開催(試験会場にて行う)
1級 年1回(在宅にて期間内に課題を提出する)
試験科目 2級:販売知識・商品知識の2科目
1級:定められた課題に対して自分の見解を述べる
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません
1級を受験する場合は2級合格が条件
試験会場 全国5会場

共通項目

受験料 6,500円~10,500円(受験項目により変動)
申請期間 2級:4月~5月 1級:11月~1月
※詳細はライフスタイル協会へお問い合わせください

試験内容

インテリア販売の知識に重点を置いた内容で問題が構成されています。商品知識は勿論ですが、流通や接客マナーなど販売に関する一連の流れについて勉強しておく必要が有ります。

勉強時間(難易度)

情報が少ない為一概には言えませんが、2級は30時間程度。1級でも同時間で合格者が出ていますので、その辺りが目安になると思います。

合格率

合格率は2級で80%程度、1級で60%と難易度も易しめになっています。

リビングスタイリスト資格の勉強方法

試験に合格しリビングスタイリストになるためには、どのような勉強方法が望ましいでしょうか。
現状インテリアに関わらずとも販売のお仕事をされている方には比較的のみ込みやすいと思いますが、そうでない方にもお勧めは過去問題集を解く事が大事です。
出題傾向も含めてどの様な問題が出されるかが分かりますので、現在販売のお仕事をされている方・これからインテリア関連の販売業に進まれる方も導入としては良いでしょう。

近年はインテリアの販売を主とする企業・店舗でもそれに付随してインテリアコーディネートの業務を行う所も多く出てきました。インテリア販売に進みたい!と言う方もご自分の仕事領域としてインテリアデザインを求められる様になっていくかもしれません。
その際にはインテリア業務の導入としてリビングスタイリストが有っても良いと思いますが、更なるスキルアップとして学校などでインテリアコーディネートの勉強をされても良いでしょう。

オススメのコース

関連する職種

入学案内

2022年4月生 一般入学願書受付中

詳しくはこちら