SPACE DESIGN COLLEGE “COORDINATOR“ 大阪校 インテリアコーディネーター科
SPACE DESIGN COLLEGE
“COORDINATOR“
大阪校
インテリアコーディネーター科

スペースデザインカレッジ
大阪校
インテリア
コーディネーター科

  • 大阪校
  • 週1日/1年コース
  • 厚生労働省/一般教育訓練給付金指定講座

SDCの魅力

就職率98.3%、94%の学生はインテリア・建築に関する勉強や仕事を未経験で入学、インテリアコーディネーター資格合格率80.0%、インテリア産業協会主催コンテスト27年連続入賞
AO入学エントリー受付中 第二次7月31日(水)まで

仕事をしながら実践に強い
インテリアコーディネーターになる

働きながら、ダブルスクールでインテリアコーディネーターとして必要な知識、技術を身に付けるコース。
インテリアに関する素材や形状、色の組み合わせ方。空間コーディネーションの考え方。室内のインテリア空間に関する様々な知識と技術を学び、インテリアのプロとして就職・転職する。

<就職先例>

住友林業・セキスイハイム・セキスイハウス・長谷工リフォーム・飯田フォールディングス・三井デザインテック・住友シスコン・パナソニック・リクシル・TOTO・丹青社・OKUTA・アルフレックスジャパン・アクタス・大光電機・トーヨーキッチン・ギャラリー収納・タマホーム....他

授業時間・応募資格

授業時間(受講期間:1年間)

2024年秋(9月)開講

【火曜コース】※受付終了
・週1回
・13:30 - 18:40
・通常授業200時間 + 試験対策32時間 + α

【水曜コース】
・週1回
・9:30 - 15:30
・通常授業200時間 + 試験対策32時間 + α

2025年春(4月)開講

【土曜コース】
・週1回
・9:30 - 15:30
・通常授業200時間 + 試験対策32時間 + α

【水曜コース】
・週1回
・9:30 - 15:30
・通常授業200時間 + 試験対策32時間 + α

※各コースの曜日が祝祭日の場合は授業はありません。
+αの時間は授業外の「補講」「課題チェック」「就職相談」などが含まれます。

応募資格

  • 20歳以上の方(入学年度中に20歳を迎える方を含む)
  • 高等学校卒業者
  • インテリアの分野に興味を持ち、真剣に学ぶ意思がある方

※外国籍の方は就労ビザ等をお持ちの方に限ります。当校では学生ビザは発行致しかねます。

選考方法

面接にて意思確認。

学べる内容

  • 住宅のインテリアコーディネーション
  • マンションリフォーム・リノベーション
  • 色彩理論
  • デッサン
  • パース技法
  • マーカー着彩
  • インテリアの仕上げ材
  • 水廻り設備機器
  • 家具レイアウト
  • 照明レイアウト
  • ウインドートリートメント
  • デザイン史
  • 製図
  • CAD(ベクターワークス)
  • プレゼンテーション技術
  • 建築構造
  • インテリア施工
  • 関連法規
  • 見学会(住宅設備機器メーカー、家具メーカー等)
  • インテリアコーディネーター試験対策
  • 海外研修(自由参加)

ポイント

  1. 実務型インテリアコーディネーター

    インテリアコーディネーターとして仕事をするための実務力を身に付けることがカリキュラムの主眼。実際に手を動かしながら技術を修得します。(実技授業が7割)
    インテリア材料、商品、家具、照明等はもちろんのこと、建築の図面、構造、設備なども学びますので、より実践的な授業となります。

  2. 会社や学校と両立して学べる

    働きながらや大学に通いながらでも学ぶことができる安心のカリキュラム。水曜または土曜の週1回(1年間)の授業で、プロを目指します。

  3. 振替受講制度(無料)

    お仕事や体調不良で学校をお休みした場合、他曜日のコースの授業に参加できる「振替受講制度」があります。振替回数に制限はありません。

  4. 就職サポート

    定期的な面談、求人票の開示はもちろんのこと、進路に関する相談はいつでも受け付けています。就職担当者だけでなく、プロデザイナーの講師にも気軽に声を掛けてください。

  5. 通学がプロへの近道

    通信制は1人で調べ1人で考えながら答えを導き出さなければなりません。年に数回通学してアドバイスを貰う程度では、即座に決断をしていく実務に対応することは難しいでしょう。
    通学のメリットはプロの講師が皆さんの細かい疑問や質問に常にお答えできることと、過去の先輩方の作品などから考え方ややり方を学ぶことが来ることです。

  6. インテリアコーディネーター
    対策講座

    建築&インテリアの実務だけでなく、資格も取得したい!という方のために、インテリアコーディネーターの資格対策講座を導入しています。
    26年間培ってきた豊富な対策で、1次・2次試験に向けた準備も万全です。

コース詳細

住空間のインテリアコーディネーション

住空間のインテリアコーディネーション

住宅をテーマとし、インテリアコーディネーターとして必要な知識力、デザイン力、表現力を磨きます。
間取りの取り方、壁紙・フローリング・カーペットといった仕上げ材の知識、家具のレイアウト手法、照明器具のセレクトや配線計画、カーテンやブラインドなどの窓飾りの知識、水回り機器や空調設備機器の知識、それらのコーディネーション技術等々、学ぶ範囲は多岐に渡ります。

リビング&ダイニング&キッチンのインテリアコーディネーション

リビング&ダイニング&キッチンのインテリアコーディネーション

リビング&ダイニング&キッチンの3部屋の関り方を考えながらレイアウトとコーディネーションを行います。
家族構成、年齢、職業、趣味、住まいに対する要望等、具体的なクライアントを設定をした上で、住まい手の立場に立った空間を提案していきます。
家具&設備機器のレイアウト/床壁天井の仕上げ材選定/照明器具の選定/カーテン等の窓飾りの選定/ドアの選定/インテリアグリーン(植栽)の選定、等

色彩学

色彩学

インテリア素材の色の組み合わせを的確に提案できるよう、色彩理論について勉強します。
色が与える心理的効果なども含め、上質なインテリア空間を考えられる力を養います。

ウインドートリートメント

ウインドートリートメント

カーテンやブラインド、ロールスクリーンなど、窓廻りに使用する商品の種類や特性、スタイルについて学びます。

床・壁・天井の仕上げ材

床・壁・天井の仕上げ材

例えば床の仕上げ材にはフローリング、石、タイル、カーペット、ビニル等、様々なものがあります。 それぞれの長所(歩行感が良い、長持ちする、安価等)や短所(水に弱い、キズに弱い、高価等)を理解し、適材適所に仕上げ材を選択できる力を養います。
床仕上げ材/壁仕上げ材/天井仕上げ材

住宅設備機器

住宅設備機器

システムキッチン、システムバス等の水廻り機器や空調設備、給排水設備などの仕組みについて学びます。

家具デザイン

家具デザイン

ソファーやベッド、収納家具等のレイアウトの方法だけでなく、オリジナル家具のデザインや図面の描き方を学びます。

照明デザイン

照明デザイン

リビング、ダイニング、寝室、玄関、トイレ等、各部屋における照明の演出方法や具体的な配当計画について学びます。
実務で求められる電気設備図(配線図やスイッチ・コンセント計画)の描き方も履修します。

パース・着彩技法

パース・着彩技法

間取り図では伝わらないインテリア空間のイメージを3次元的な絵として表現する方法を学びます。寸法を測りながら定規を使って下絵を描いていきますので、絵が苦手な人でも安心してください。
色付けはマーカー(マジック)を使います。フローリングの塗り方、ガラスの塗り方、影の付け方等、具体的に指導していきます。

バリアフリーデザイン

バリアフリーデザイン

超高齢社会を迎える日本において、インテリアコーディネーターの立場からアプローチすることが求められます。
手すり、段差の解消、照明計画等、住宅におけるバリアフリーについて学び、プランニングに反映させます。

プレゼンテーションテクニック

プレゼンテーションテクニック

デザインしたものをクライアントに的確に伝えるための技術。とても重要なスキルです。
見やすく魅力的なプレゼンテーション資料の作り方、わかりやすいプレゼンテーショントーク等、複数の課題を通して学んでいきます。

見学会

見学会

住宅や店舗空間で使用する仕上げ材や設備機器、家具等のショールーム見学を実施しています。実物を見て、触れて、理解を深める重要な時間です。

CAD

CAD

コンピュータを使い平面図、展開図といったインテリア&建築図面を描きます。
使用CAD/ベクターワークス ベクターワークスは2Dでの作図はもちろん、3Dモデリングも可能な汎用性の高いCADソフトです。
当校はベクターワークス認定校のため、在学中は無料でソフトを使用することができます。

インテリアコーディネーター資格試験対策講座

インテリアコーディネーター資格試験対策講座

インテリアコーディネーターの公式ガイドブックをベースに、過去問題を解説しながら合格レベルを目指します。
講座は録画をしますので、空き時間にパソコンやスマホで受講することが可能です。
講師陣は、現役で活躍するインテリアコーディネーターや建築士です。 各分野のスペシャリストが資格合格をサポートします。

※一次試験対策講座は授業料に含まれます。
二次試験対策はオプション講座となります。

その他

その他

<知識と技術>できるコトを増やし,将来に備える
デッサン,製図,インテリアイメージ,インテリア材料,インテリア商品,インテリア法規,建築構造,インテリア施工,住宅設備,設備機器,ガーデンデザイン,国内研修&海外研修

大阪校 インテリアコーディネーター科
就職内定者の声

U.Mさん

内定先の事業内容
不動産流通、建設、リフォーム事業 等

面接内容
・職務経歴や経験というよりかは人物重視の質問。
・学校で作成したポートフォリオは良くみてくださりました。

就職の決め手
経験や経歴よりも人物を重視した選考をされていたため。

後輩に伝えたいこと
SDCで学んだことが、今の実践のお仕事にかなり生きてきているのを実感しています。CADの操作やインテリアの知識が、あるのとないのでは成長のスピードもかなり違うと思います。通学中たくさんの課題と資格の勉強、お仕事の両立はかなり大変でしたが、最後までやり遂げたことが今にしっかりと繋がってきています。

インテリアコーディネーター資格試験対策講座のポイント

対策講座は休んでしまっても安心。
授業は録画しており、好きな時間に視聴できます

仕事の都合や体調を崩して授業に参加できない場合は、後日授業の動画をスマホやPCで視聴することができます。
また、復習での視聴も可能です。
・・・・・通勤途中の電車の中で
・・・・・ちょっとした空き時間に
効率よく活用してください。

休んでしまっても安心

多数の合格実績

昨年行われた2023年度インテリアコーディネーター資格試験において、学生の皆様の努力により高い合格率が出ました。
当講座では2024年度の試験において受講生の皆様にご満足いただけるよう、全力でサポートいたします。

受講生のインテリアコーディネーター資格試験 合格率81.8%

安心の合格保証制度。
不合格の場合は翌年度も対応します。

万が一試験が不合格の場合でも、翌年度に再受講できます。

合格保証制度

インテリアコーディネーター資格 合格者インタビュー

S.Hさん

<受験のきっかけ>

「IC資格必須」の求人を目にすることがあり、資格保有の強みを感じていました。転職活動をする際には資格を持っていることで自信にも繋がるので、受験しようと思い勉強を始めました。

<IC対策講座を受けてよかったこと>

講座で配布される過去問題の種類が豊富で、ポイントをつかむことができ勉強しやすかったです。写真や図を描いての解説や、普段の生活とリンクさせて説明してくださったことで、より理解することができました。対策講座は学校の課題内容と重なるところもあり、受験勉強だけに留まらないと思います。

M.Tさん

<受験のきっかけ>

この学校に入学する前から、インテリアコーディネーター資格を取得したいと思っていました。やはり就職や仕事をする中で資格を持っているという事は、自分を選んで貰う際の一つの基準になると思ったからです。コーディネーター資格を持っているということは、インテリアについて学び、相応の知識を持っているということの証明にもなると考えていました。

<IC対策講座を受けてよかったこと>

インテリアコーディネーターの試験範囲は、インテリアに関わる事柄以外に、歴史や環境、法規など多岐に渡ります。もし一人で勉強していたら、ひたすら暗記するのみだったと思いますが、講座ではそれぞれがどのように関係しているのかなども教えていただけたので、関連性や背景を理解して勉強する事ができました。試験を受けて終わりではなく、これから仕事をしていく上で必要な知識が身につきました。

就職実績のページへ

人気の就職先

大阪校所在地


〒530-0047
大阪府大阪市北区⻄天満2-8-1 大江ビルヂング202・203・218

最寄駅

阪急「大阪梅田駅」、JR「大阪駅」、京阪本線・地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」、JR「北新地駅」