京町家再生提案
コンペティション
2020

京町家の保存と再生 作品投票結果発表
昨年の作品はこちら

開催報告

スペースデザイン設計科・インテリアデザイン設計科2年生の授業課題として、年々消えゆく京町家の再生に向けた提案を行うこの取り組みは、京町家再生研究会の小島様、木下様、内田様のご協力のお陰で16年目となりました。

今回の舞台は、下京区今大黒町にある町家。住まいとしての空間に限定せず、利益を生み出す仕組みを提案することが求められました。この町家を保存・再生すること、地域との関わり方を考慮した提案、各グループ思い思いの「使い方」を表現しました。
※全7グループ、それぞれ3名もしくは4名の学生で構成。

去る6月19日、関係者の皆さまにプレゼンテーションを行い、講評していただきました。

例年はプレゼンテーション後に一般の方々に向けて作品展示を行い、会場にて優れた作品を選出する投票を開催しておりましたが、今年はやむなく作品展を中止し、6月26日〜7月3日の期間当ページ上にて全7作品の投票を開催いたしました。

ご協力いただいた皆様へ、心より御礼申し上げます。

※以下、小さい画像をクリック(タップ)すると作品が拡大表示されます。

得票数 第1位 「京足家」

京足家

Cグループ「京足家」▼

<得票数第1位>


■グループのコメント

足専門のリラクゼーションスペースとして町家を活用します。この度の町家は観光地から少し離れた場所に位置するため、京都を歩く観光客だけではなく地域の人々を含めた幅広いニーズにもなり得る「日々使う足」に着目しました。町家らしさを残しながら、足にまつわる様々なサービスを提供できる空間を計画しています。

得票数 第2位 「輪徠/Link」

輪徠/Link

Bグループ「輪徠/Link」▼

<得票数第2位>


■グループのコメント

京都の大宮に位置する、築110年の京町家。町家を保存・継承しながら、この場所だからできることは何かを考え計画しました。レンタサイクルで京都観光をしたり、ブックカフェで町家で過ごす時間の流れ、お庭のしつらいを楽しめるようにご提案いたします。

得票数 第3位 「美容サロンFプラス(エフプラス)」

美容サロンFプラス(エフプラス)

Eグループ「美容サロンFプラス(エフプラス)」▼

<得票数第3位>


■グループのコメント

昭和初期から現代までの京町家の歴史に伴う女性のライフスタイルの変化に着目しました。 タイトルのF+は、女性という意味の「female」、この町家で美を感じ、ここから始まる将来「future」の自分にプラスするという意味を込めています。 自分を綺麗に磨く場所、リラックスする為の場所、ついでに会話を楽しむ場所として、歴史ある町家の空間を通じて、内外共に綺麗になってもらうことで、多種多様なライフスタイルを送る女性の自信や活力に繋がると考え、サロンを計画しました。

他グループも僅差の得票数で、健闘しました。

Aグループ「結 − yui collective office −」▼


■グループのコメント

私たちは事前面接を行うクリエイター限定の「シェアオフィス」に「カフェ」を併設させたリノベーションをご提案します。 クリエイター同士の結びつきをバックアップするのが特徴で、利用する人達にとって「意味がある」を提供できるよう計画しました。 すでに頭打ち感のある「役に立つ価値」の提供から「意味がある価値」の提供に転換することで、町家自体の可能性が注目され、様々な良い影響を及ぼすのではないかと考えております。

Dグループ「丹田」▼


■グループのコメント

かつて人々の心や生活を支えていた京町家を、時代を超えて現代の人々支える形として再生したい。そんな思いから、Body&Mental Management CLUBを提案することにしました。現代は、テレワークによる運動不足や、ネット・SNSの利用によるストレスなど、“心と身”の病が問題視されています。そんなストレス社会を柔軟に付き合い支える為の「心身を整える」ジムとして、京町家の持つ力強さやしなやかさを五感で感じて頂けるようプランしました。

Fグループ「福籠(ふくろう)」▼


■グループのコメント

少子高齢化が進み、どこか寂しさが漂う黒門通り。そこで私たちは、「ウェディング」で地域に華やかさをもたらし、「お稽古教室&ギャラリー」でコミュニティの場を生み出すことを考えました。 平日は「お稽古教室&ギャラリー」、土日は「結婚式場」とすることで、地域内外の人々が京町家を体感できます。特に、町家の特徴であるダイナミックな「火袋」の下で挙げる結婚式は話題になることでしょう。

Gグループ「Laund+ ラウンドプラス」▼


■グループのコメント

京都大宮の「染め」の文化をこれからも伝えていけるような次世代型コインランドリーを中心に計画し、カフェ、ギャラリーなど多様な目的からコミュニティーが生まれる場になるプランを提案しました。


<投票にご協力いただき、誠にありがとうございました。>