キッチンスペシャリスト検定試験

キッチンスペシャリスト検定試験の概要

キッチンスペシャリストの資格はインテリアコーディネーター資格でも有名な公益社団法人インテリア産業協会が主催している資格の名称です。
名称の通りキッチンまわりの知識や技能に長けた人材の証明としてこの資格が有ります。取得者の主な仕事としては、インテリアショールームなどで自社製品のキッチンを販売したり、お客様と打ち合わせをする中で様々な提案を行ったりします。勿論空間を設計する仕事をしている方々でも取得される方は沢山いらっしゃいます。

試験日 毎年12月の年1回
試験科目 学科試験:キッチンに関する40問の2時間試験 / 実技試験:平面図など図面表現とキッチンの企画提案の筆記試験
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません
試験会場
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄 全国9会場
共通項目
受験料 10,500円~13,650円(受験項目により変動)
申請期間 8月末~10月末まで ※詳細はインテリア産業協会へお問い合わせください

試験内容

キッチンに係る知識・技術が問われます。販売の知識から設計・機能など

勉強時間(難易度)

平均勉強時間は1日1時間を半年程度200時間での合格も可能です。

合格率

合格率は40%程度

キッチンスペシャリスト検定の勉強方法

キッチンスペシャリストとしての活躍する為の勉強方法ですが、資格の難易度自体は高いものではなく、しっかりと受験勉強をしていれば合格できる内容です。
ですがこの資格だけで何かの仕事をするというのは正直厳しく難易度もやさしい為、実力に付け加えてキッチンに特化した能力が有ります。という事を証明する為の資格と言えるでしょう。
取得者はインテリアショールームなどに勤務されている方の取得が多く、仕事でお客様に自社商品のキッチンを進める際にこの資格を持っていると、発言に重みが出てきます。
また、空間をデザインする仕事をされているデザイナーもキッチン廻りは必ず出てくる内容なので、自分の実力を伝える為に受験される方もいらっしゃいます。
現在ショールームなどでお仕事されている方が、より具体的な提案をしたいと言う場合は受験するには適していると思います。 もし空間デザインをすることを仕事にされたい場合は、実務的な経験を積んでおかなければ、この資格を本当の意味で活かすのは難しいでしょう。

キッチンスペシャリストに働きながらなるには

キッチンスペシャリストに働きながらなるには、仕事の合間に試験勉強を独学行い、合格することも不可能ではありません。
学科試験の方は過去問を繰り返し勉強することで十分に合格圏内に入ることも可能です。問題は製図の試験でキッチンに関する図面を描かねばなりません。
これは独学では不可能ではありませんが、時間が掛かり結果的に効率の悪い方法になってしまうかもしれません。
図面自体はキッチンに関するものなので、既に図面などを描いたことが少しでもある方はそこまで心配はいらないかと思います。

キッチンスペシャリストに未経験からなるには

キッチンスペシャリストに未経験からなるには、まずは資格の取得を第一目標にしなければなりません。キッチンメーカーなどに努めてキッチンに関する知識を学び後々資格を取得することを目指すのも良いかと思います。
費用対効果の面から考えると学校で勉強をし、基本的な内容を学んでしまった方が効率的ではあります。


キッチンスペシャリストの就職先

キッチンスペシャリストの就職先としては大小のキッチンメーカーは勿論のこと、ハウスメーカーなどでお客様のキッチンに関するお悩みにこたえる仕事先があります。
小規模のデザイン事務所などは総合的なデザイン力を求められるので、比較的大きな会社様になることが多い傾向です。

キッチンスペシャリストの将来性

キッチンスペシャリストの将来性は住空間においてキッチンは必要不可欠であり、機能やデザインは日々進歩していますが、調理をすることや団らんを生み出すことにおいてはこれからも続く普遍的なものであります。
その為キッチンスペシャリストの資格を持ち、キッチンのプロとして活躍することは十二分に可能かと思います。

キッチンスペシャリストのやりがい

キッチンスペシャリストとしてキッチンメーカーや建築総合メーカーなどでキッチンを担当すると直接お客様とやり取りをすることが増えます。お客様は様々悩みを持たれていらっしゃいますが、お客様と一緒になって問題を解決していく仕事ですので、ご自身の対応力次第でお客様の満足度が変わってきます。少しの工夫と頑張りで「あなたが担当で本当に良かった」と言っていただける仕事ですので、その為に頑張る方も多くいらっしゃいます。


キッチンスペシャリストの苦労

キッチンスペシャリストの苦労は主に働き始めに多く見られます。仕事で覚えなければならないことも多く、いままでキッチンに毎日のように立っている人でさえ数多くのキッチンの設備や仕様を把握する必要があるからです。
キッチンメーカーや建築総合メーカーなどは教育もしっかりしていますので、暫くは先輩を手本にしていきますが、いつかは一人でお客様の対応をしなければならないので、それまでが大変という声をよく聞きます。

キッチンスペシャリストの勤務時間・休日

キッチンスペシャリストの勤務時間・休日はキッチンメーカーや建築総合メーカーに勤める場合、勤務時間や休日はしっかり設定されています。
細かい部分は会社ごとに違いますが、そもそもメーカーが休業日に設定されている曜日は仕事をすることが出来ない為、必然的に休みになります。
建築業界ではメーカーは水曜日が定休日になることが多いため、水曜日を基準に後はローテーションでという感じになることが多いです。

オススメのコース

キッチンスペシャリストに関するコラム

関連する職種